topimage

2017-08

鳥取レッスン2017  - 2017.05.15 Mon

鳥取レッスン、今年で5年目です。三好先生、吉賀先生はじめ、先生方に今回も大変お世話になりました。初回から参加してくれている、ゆうあちゃんいろはちゃん姉妹もすっかりお姉ちゃんに。毎年会う生徒さんたちの成長を見れるのが、楽しみになりました。
往路にハプニング。飛行機に乗ってから不具合が見つかり、結局別の飛行機に乗り換えての出発で2時間遅延しました。3時からのレッスン開始が5時からになってしまいご迷惑をかけたのですが、皆さんが少しずつ譲り合ってくださって、夜10時までになんとか初日全員のレッスンをすることができ、ホッとしました。
鳥取2017_convert_20170515210255
終わってからは、海鮮の美味しいお店へ連れて行っていただきました。レッスンしている時には感じなかった空腹が一気に襲ってきて、頼んでくださっていたコース料理を短時間でムシャムシャと完食。大好物の鳥取の生牡蠣、お刺身、かさごの煮付けなどなど、美味しかったです!
翌日は9時~17時までレッスンして、夜の飛行機で帰京。伸びやかで素直な生徒さんたちとのレッスン、清々しい時間でした。22組の参加くださった皆さん、ありがとうございました。

GWなどなど - 2017.05.10 Wed

松本先生リサイタル2017_convert_20170510073423
5月1日は学校でお世話になっている松本明先生のオール・ベートーヴェンリサイタル@東京文化へ。瑞々しい先生の演奏に片時も耳を離せないコンサートでした。ワルトシュタインと熱情に挟まれた22番ヘ長調ソナタの魅力を知れたのも新鮮。シューベルトへの繋がりも聴こえてきて、多くの収穫をいただいた時間でした。

姉宅の食卓2017年GW_convert_20170510073803
GWは実家へ。実家近くの姉宅で、お正月のような食事をいただく。これにプラス煮物や餃子も出ての大ごちそう。お持ち帰り用まで用意してあり、至れり尽くせりでした。姉の愛犬・フクとも遊んできました。兄のところも最近シーズーを飼ったそうで、いつか会ってみたいなぁ。空気がよくホッとするのか実家ではほとんど寝ていたという…。父の畑へ行ってレタスや大好きなパクチーを収穫したり、自家製味噌や麹だれももらって、早速我が家で活躍しています。

吉祥寺美術館_convert_20170510073609
高橋悠治コンサート2017_convert_20170510073637
6日(土)は吉祥寺美術館へ、高橋悠治さんのコンサートへ行って来ました。開催中の北村周一氏の展示会の関連イベントで、申込み制の無料コンサート。申し込み日に60回リダイヤルでようやく通じゲットしました。詩や短歌と一緒に紡がれるシンプルで複雑な音たち。後半は北村氏の作品がスクリーンに映し出され、音・言葉・絵による空間。時間・空間の距離、隙間、移り変わり… 普段とは違う軸の中にいるような、不思議な感覚でした。

7日(日)はタクトレッスン@新桜台。月曜からは普段のレッスンスケジュール&練習の日々です。あ〜、やらなくてはいけない雑務もまだ色々… 適度にぼーっとしつつ進めます。

最近の出来事 - 2017.05.01 Mon

出かける日も多かった今日この頃。色々な下準備もあり、何かと時間が経ってしまいます。そんな中、心潤う時間も過ごして来ました。

大麦の会ポスター_convert_20170429082752
東京文化会館(小)であったこちらのコンサートに、ミュンヘン時代の恩人で、高校大学の先輩でもある関谷由美さんとご一緒しました。関谷さんは植田先生門下生で、現在ミュンヘン音大で先生をなさっています。この日のために一時帰国。コンサート前には食事もご一緒できて楽しいひとときでした。コンサートは植田先生のソロの他、豪華な門下生メンバーの演奏の数々!同期の武内君や田淵さんの演奏も聴けて嬉しかった。やはり同期が頑張っている姿は刺激になります。

練馬区立美術館訪問_convert_20170429082818
練馬区立美術館へ。今回は、ナポレオン三世(1803〜1873、ナポレオン・ボナパルトの甥)の時代を中心に、パリの町の変革、それに伴う美術史を見る企画。近代へ向かう変革期の混沌とした時代だからこそ生まれた芸術の歴史を、肌で感じることのできる展示会でした。パリ万博が初開催される輝かしさがある一方で、「レ・ミゼラブル」のような闇もあった時代。改めて、フォーレ(1845〜1924)ドビュッシー(1862〜1918)ラヴェル(1875〜1937)パリ6人組など、作曲家の年号を探りました。

Hピアノハウス工房にて_convert_20170501081354
昨日は急遽、名古屋から一歩足を伸ばしたところにあるピアノ工房さんへ。ヴィンテージなピアノたちに会えてドキドキ、興奮気味でした。

新幹線から見た富士山_convert_20170501081318
味噌カツもひつまぶしも素通りの日帰り旅。綺麗に富士山が見えました。往路指定は希望の時間帯が満席で、東京駅から自由席。新横浜では満席になり立つ方も出て、GWの始まりを感じました。復路上り自由席は快適。新幹線のゴトンゴトンが気持ちよく、持参していたスコアを開かず熟睡してしまいました…

お知らせです。ピティナの今月号会報・コンペ課題曲邦人作品について、3曲の解説を書かせていただいています。また、ピティナ上野ステップが、12月26日・ミレニアムホールで開催される予定です。こちらは詳細が公開になりましたら、改めてお知らせいたします。

どうぞよいGWをお過ごしください。

シェイクスピア「ハムレット」@東京芸術劇場 - 2017.04.19 Wed

ハムレット_convert_20170419081112
昨夜は学校の帰りにこちらの演劇を見て来ました。ジョン・ケアード演出「ハムレット」@池袋・東京芸術劇場プレイハウス。「お芝居」のチケットを自分で取って見に行くのは初めて…。シェイクスピアの芝居を1度見てみたかったのです。前半:95分 休憩:15分 後半:90分 という長丁場で終演が22:20。ハムレットの膨大な台詞量にも圧倒されました。

比較対象がないのでわからないのですが、1人が何役かを掛け持ちしていたり、衣装・音楽を見ると和の要素もあり、斬新な演出なのだろうと思います。台詞の言い回しも、演劇調のところもあれば会話調のようなところも。役者さんでは、貫地谷しほりさんのオフィーリアが、明瞭な発音と通る声で台詞がよくわかって、シェイクスピア初めての私にはありがたかったです。狂気の歌の場面も印象的でした。ハムレットとレアティーズの決闘のシーンでは、リズミックで迫力があり最後のクライマックスに引き込まれる。そして音楽は、藤原道山さんによる尺八の生演奏付き。場面切り替えや、霊気漂う雰囲気にマッチしていて素敵でした。

古今東西、人間を問うテーマは普遍的。400年前から変わらない。プログラムにあった演出家のジョン・ケアードさんの「考える行為自体がエンターテイメントであり、心のエクササイズ」という言葉に、深い共感を覚えました。

今峰由香先生レッスン&コンサート2017春 - 2017.04.16 Sun

今峰先生レッスン2017_convert_20170416084132
ハッピー イースター!ヨーロッパは復活祭のお休みシーズンで、私もドイツから帰国する先輩方とお会いします。まず昨日は恒例のミュンヘン音大教授・今峰由香先生のカワイ表参道レッスン。私と生徒が受講しました。今回もヨーロッパの香りを感じるレッスンで、正統的な解釈の上にエレガントで表情豊かな今峰先生の世界観があり、勉強になりました。

コンサート会場_convert_20170416084243
その後場所を移して、今峰先生のコンサートへ。音楽ネットワーク「えん」が主催するホームコンサートに出演なさるとのことで、東長崎にある個人宅のコンサート会場へ向かいました。40人収容のベーゼンドルファーが入っているホール(調律は偶然にもいつもリサイタルでお世話になっている水島さんでした!)。家にこんな素晴らしいホールがあるなんて…羨ましい限りです。今峰先生は、金曜日に講座→レッスン、昨日も午前〜15時までレッスン、そして午後17時30分〜このプログラムでリサイタル…すごい。先生の十八番、シューベルトが軸のプログラムでした。

ベートーヴェン:ピアノソナタ 第9番ホ長調 Op.14-1
シューベルト:4つの即興曲 D899 Op.90 全曲
シューベルト=リスト:シェイクスピアのセレナード「聞け、ひばり」、 糸を紡ぐグレートヒェン
シューベルト:4つの即興曲 D935 Op.142 第3番 第4番
(アンコール)
シューベルト:楽興の時より第3番ヘ短調
シューベルト:ソナタイ長調D664より第2楽章

素晴らしかったです。私は若い頃から今峰先生の演奏を聴いていますが、昨日の演奏はまた特に印象深いものでした。人間としての深み、表情の幅が豊かになっていらして心潤う時間をいただきました。今夏にもいらっしゃるとのこと。最近はレギュラーの生徒さんだけでレッスンが埋まってしまうため、広く告知をなさっていないので、もしご関心があり今峰先生のレッスンを受けてみたい方がいらしたら、今峰先生HP、または、このブログのメールフォームでお問い合わせください。

ピアノ靴専門「リトルピアニスト」に感想掲載 - 2017.04.12 Wed

ピアノ専用靴「リトルピアニスト」さんのサイトに、私の感想が掲載されました→リトルピアニスト 感想 社長の倉知さんが研究を重ねて創られたピアノ用の靴です。

靴とペダルのフィットに違和感を感じ、演奏会の途中で脱いで裸足で弾いたことも。靴に気を取られることなく演奏できるのは、本当にありがたいです。柔らかい履き心地はもちろんですが、何と言ってもヒールに、ペダルを踏む角度のカットが施されているのがポイント。安定して踏めるのです。この前の柏崎での本番で初めて使って、なんで今までこういう靴がなかったのだろう、と思いました。

倉知さんとお話した際に「ジョギング用の靴があるように、ピアノ専用の靴があっていい」と伺い目からウロコ。確かにそうだなぁ、と納得しました。ご関心ありましたら、ぜひ上記の感想→リトルピアニストさんのサイトで靴の詳細を見てみてください。

ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン2017のお知らせ - 2017.04.10 Mon

新年度が始りました。昨日はタクトレッスン@新桜台。受講生の皆さんが新たな学年になり、フレッシュな気持ちです

毎年させていただいている、東京でのピティナ課題曲アドヴァイスレッスンの詳細が決まりました。ご参加をお待ちしております。

アドヴァイスレッスン2017_convert_20170410081016
チラシ拡大版はこちら
日程 2017年6月4日(日)
会場 スタジオ1619- 西武線 新桜台駅徒歩1分
★A2級 30分 8,640円 ★A1級~G級 45分 9.720円
★デュオ全級 30分 10,800円 ★特級 応相談

《お申し込み》
㈱タクティカルフューチャーデザイン・全日本ピアノ指導者協会・千代田支部
FAX 03-6733-8571
E-mail info@tact-fd.com 事務局担当 庭山

受講者氏名
指導者名
住所
電話番号
E-mail
受講級
受講曲
備考

※現在師事されている先生の許可を受けてお申し込みください。

2台8手チャイコフスキーYouTube Up - 2017.04.04 Tue

 
チャイコフスキー(ランガー編):交響曲第5番ホ短調作品64より第4楽章(2台8手)
第1Pf:冨士素子/堤さお梨 第2Pf:高木早苗/草冬香

昨年10月コンサートでの演奏をYouTubeにアップしました。
2台8手のゴージャスなサウンドをお楽しみいただけたら嬉しいです。

東京は桜が満開。先週末の石神井公園です。
石神井公園の桜_convert_20170404221135

リサイタル映像 YouTubeアップ - 2017.03.30 Thu

※追記(4/2):シューベルト一番最後にUPしました。音楽的には2・4楽章に特にこだわったつもりなので(”もっと見る”をクリックいただけると各楽章へ跳べます)、お聴きいただけましたら嬉しいです。

昨年11月のリサイタルの映像をUPしました。数ヶ月置いて聴いてみると「ああしたかった、こうしたかった」と思うところも多いのですが、ライヴ演奏のひとつとして、ご参考までに聴いていただけましたら嬉しいです。水島さんの調律&林さんの音響・映像には、いつもながら感謝です。


バッハ=バウアー:甘き死よ、来たれBWV478


バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV903


メシアン:「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より 19. 我は眠る、されど我が心は目覚めて


リスト:バラード第2番 ロ短調


シューベルト:ピアノ・ソナタ第20番イ長調 D959

チェンバロ発表会 - 2017.03.26 Sun


J.S.Bach:Prelude und Fuge f-moll BWV857

19日(日)グレゴリオの家にてチェンバロ発表会。2007年から坂由理先生にこちらでお世話になって約10年、この3月でひと区切りをつけることにしました。お御堂での発表会は、楽しみのひとつ。この曲は個人的に大好きで、生徒には平均律を学び始めると割とすぐの時期に課題にします。でも自分では人前で弾いたことがなかったので、この機会に記念になりました。うまくいった演奏でもないのですが、記録としてUPします。f-mollはチェンバロで調律しにくく、Bachの鍵盤作品にもそれほど多くない調。お時間ありましたら、どんな響きがするか聴いていただけたら嬉しいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。
参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier
Instagram@sanaeklavier

★TACT Piano Master Class ★

予定:7/29、9/3、10/1、11/12、12/3 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分☆クラス概要問い合わせ

生徒勉強会

2017年7月24日(月)

希望の家チャリティーコンサートVol.10

2017年9月16日(土)千葉・印西

いんば学舎草深ホール

共演:尾形祐香(Pf)

第21回「新しい耳」音楽祭第一夜

2017年11月3日(金・祝)午後4時〜サロンテッセラ(東京・三軒茶屋)

共演:相川麻里子(Vn)、重松希巳江(Cl)、植木昭雄(Vc)

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」他 詳細後日

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2017年12月10日(日)

スピカコミュニティプラザ 多目的ホール(茨城県筑西市)

筑西ステーション

ピティナステップアドヴァイザー

2017年12月26日(火)

台東区ミレニアムホール

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会

2018年1月26日(金)18時〜

Instagram

生徒勉強会 終了

2017年7月18日(火)16時〜

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2017年6月17日(土)群馬

PTNA課題曲アドヴァイスレッスン 終了

2017年6月4日(日)チラシ

スタジオ1619- 西武線 新桜台/全日本ピアノ指導者協会・千代田支部

生徒発表会 終了

2017年6月3日(土)

保谷こもれびホール(西東京市)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

出張レッス 終了

2017年5月13(土)、14日(日)鳥取・倉吉

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体