FC2ブログ
topimage

2019-04

2017ピティナ全国決勝大会E級審査 - 2017.08.23 Wed

この1週間程は、アクティブ。教員免許講習@学芸大学、両親&姉の来宅、そして20日、21日はピティナE級全国大会@王子ホールでの審査でした。

2017ピティナE級全国大会_convert_20170823071735
36人の高1以下の方々の演奏を聴きました。持ち時間が長くなり、4曲それぞれの仕上がりに加えて、プログラム全体の印象も大きいです。全国の優秀な若い人たちの演奏を、興味深く聴きました。まだジュニアの香りのする人たちと、すぐにF級やG級につながっていきそうな人たちが混在しているカテゴリ。それぞれの成長過程・目標があってこのE級を選び、参加したと思います。次へ繫がっていくことを応援する気持ちで、審査をしていました。

今回の審査では、都芸の大先輩の先生、お仕事やステップでお世話になっている先生、大学時代の和声の先生、いつも友人・知人からお話を伺っていた先生など、素晴らしい先生方とご一緒させていただきました。緊張もしましたが、和やかな時間もあり、1日半を有意義に過ごさせていただきました。又、数年前、新曲2次実音審査で担当した「リズミックダンス」をコンペの場で聴けたり、E級の前に同じ会場でF級審査をしていらした師匠とすれ違いでお目にかかれたり…嬉しかったです。

2017ピティナ全国大会プログラム_convert_20170823071823
全審査が終わってからいただいプログラム。別会場のヤマハホールでは、D級で中学生の生徒2名がお世話になっていました。暑い中、レッスンと練習に励んだ2人。今回は審査が重なり聴きにいけなかったのですが、舞台で出し切った清々しい気持ちが伝わるメール報告を受けていたので、それが何より嬉しく思いました。2人揃ってのベスト賞、おめでとう。また、一緒に指導いただいた大久保みゆき先生、小林真子先生にも感謝です。

今回、この前の発表会に生徒さんを出してくださった千代田支部の大嶺先生・山崎先生&私のところから、D級全国大会に6人集中しました。その中の数名と弾き合いをさせていただいたのも、生徒の励みになったようです。大嶺先生、山崎先生とは指導している生徒の年齢層がかぶっていることもあり、いつも刺激をもらっています。今年は都合が重なり、表彰式に伺えず・・・生徒さんたちからの笑顔の写真で、雰囲気を味わいました。

来年の特級ファイナルはサントリーホール(大)での開催だそうです。凄い!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

鹿児島お墓参り旅 «  | BLOG TOP |  » レッスンと練習と・・・