topimage

2017-10

アファナシエフ ピアノリサイタル~リストとその時代へのオマージュ「葬送」 - 2011.11.20 Sun

春~夏にチケットをゲットした秋シーズン3つのコンサートのラストは、18日(金)浜離宮朝日ホールでのヴァレリー・アファナシエフのピアノリサイタル。アファナシエフの演奏を知ったのは、'99年にドイツでシューベルトの最後のピアノソナタ変ロ長調を聴いた時でした。当時からギドン・クレーメル(Vn)の共演者、風貌からも鬼才と名高かったアファナシエフ。奇抜な演奏かと思いきや、正統的なヴィルトーゾな印象を受け意外だったことを思い出します。その後、2001年頃発売されたリストのソナタのCD。大抵30分程で弾かれるソナタの演奏時間が41分38秒。これだけテンポが遅いってどんな演奏なのだろうと思い好奇心で購入。初めのG(ソ)の音から次のGへ、なかなか音が出てこない。その間の取り方はCDながら暗雲がたちこめるようで怖かった。たっぷり41分かかっても、長いという感じはなく必然を感じ、今度彼がリストを弾くときには行ってみたい、と思っていました。今回のプログラム、まずこの発想に驚かされます。

<リストとその時代へのオマージュ~「葬送」~>
ベートーヴェン:11のバガテル作品119より 第1番 第2番 第3番 第4番
リスト:4つの小品
リスト:悲しみのゴンドラ第2稿
リスト:暗い雲
ドビュッシー:前奏曲集第1巻より 3つのプレリュード、帆、雪の上の足跡、沈める寺
(休憩)
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第12番変イ長調作品26より 第3楽章「葬送行進曲」
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ長調作品35より 第3楽章「葬送行進曲」
ワーグナー/リスト: 聖杯への厳かな行進曲
リスト:詩的で宗教的な調べより「葬送」

前半はリストの晩年の作品を中心に据え、ベートーヴェンからの影響、そしてドビュッシーへの流れを彫りだして行きます。まず出てくるなりお辞儀もそこそこにベートーヴェン。長い指を伸ばし、はらりはらり指先を舞わせるような独特のタッチから透明感のある明るい音が聴こえます。演奏後は舞台袖へ。全部のプログラムを通し、曲間で拍手があったのはここだけでした。まるでプロローグのよう。そしてここからアファナシェフの真骨頂が始まりました。

よく知られているリストの作品は中年期のものが多くて、晩年の曲は馴染みが薄く、私も久しぶりにリストの無調に近い作品群をまとめて聴きます。不協和音と半音階が続く不気味な響きにだんだんと耳がとられていく。そう、小説を読んでいて決して読みやすい文体ではないのだけれど、いつのまにか集中させられてしまうような感じ。リストからそのままドビュッシーへ。まるでリストの延長の曲のように、宇宙的な響きが続行します。いつも聴くドビュッシーの同じ曲とは思えない。アファナシエフは独特の響きの世界をデフォルメしていき、前半の最後はブラックホールに吸い込まれるかのようでした。ここまで耳に息をつかせる隙を全く与えない。長編小説の上巻を読み終えた気分。

そして休憩後のテーマは「葬送行進曲」。最後のリストへ向けて、これまた凄いドラマを描くアファナシエフ。ここまで来ると彼が魔術師のように見えてきます。ペダリングが独特。和声ごとできれいに踏み変えず前の和音の残響がかぶってくるのですが、これがなんだかとても魅惑的で、いくつもの違う和声がひとつに聴こえるような不思議な錯覚になってくるのです。これだけ和声がかぶれば汚いはずなのに、汚いどころか宇宙的な感じがする。どういう聴き方でこんな響きの世界を創れるのか。ショパンの葬送の中間部は、ノスタルジーな回想だったり、天使のささやきだったり、いずれにせよ天上のイメージで弾かれる美しい場面ですが、アファナシエフは死の世界も悪くないよ、と言わんばかりに妖しい子守唄を聴かせます。音を上下であわせず、少しずらして弾く回数がこれだけ多いと、普通いやらしい演奏になるところがアファナシェフにかかると必然。ずれることで生まれる隙間の響きが美味しい。タイミングのセンスといい、誰も真似できない領域と感じました。

圧巻は最後のリストの「葬送」。左のオクターブの連続も、もう怖いくらい迫り来る死の影のようで、スターウォーズのダースベイダーを思い浮かべてしまいました。怖い・・・夢に出る・・・ピアノが震えるほどの迫力で全部の音をマックスで鳴らすも、これも宇宙の響き。最後の音を弾き終えるとまた愛想無くさっさと舞台袖へ。唯一、お花を渡した女性への微笑を見たときには、「お~、アファナシエフが笑った!」と心で感嘆の声を上げてしまいました(笑)この余韻ですから、当然アンコールなし。これでアンコールあったら今日の構成は壊れてしまう。作・演出アファナシエフ、の舞台劇を見ているようなリサイタルでした。

自分でも小説を書き、何ヶ国語も操るインテリジェンスで思考的なアファナシエフの音楽からは、音楽という枠組みを超えた文学の世界に近いものを感じました。そして独特の響きの世界観は、魔性が潜んでいてやみつきになりそうな癖になる味がします。

同じ日にピール=ロマン・エマールがトッパンホールでやはりリストをテーマにしたリサイタルをしていました。下記がプログラムだったようです。こちらも面白そうでしたね。私はまだエマールのライヴに行ったことがなく、実はアファナシエフとかなり悩みました。東京の秋シーズン豪華過ぎるぞ!

リスト:悲しみのゴンドラ(第1稿) S200/1
ワーグナー:ピアノ・ソナタ 変イ長調 《M.W.夫人のためのアルバム》
リスト:灰色の雲 S199
ベルク:ピアノ・ソナタ Op.1
リスト:不運! S208
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第9番 《黒ミサ》
リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S178

浜離宮くらいのサイズで聴けたのも嬉しかったな。できれば器楽や室内楽は、あまり大きすぎないホールで聴きたいです。リスト生誕200年に残るいいリサイタルが聴けました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

近況など «  | BLOG TOP |  » ピアノデュオ・ドゥオール リサイタル

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。
参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier
Instagram@sanaeklavier

★TACT Piano Master Class ★

予定:11/12、12/3、2018年 1/7、2/3、3/4、4/8、5/6、6/3、7/1、7/29、9/2、10/7、11/4、12/2 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分☆クラス概要

第21回「新しい耳」テッセラ秋の音楽祭第一夜

2017年11月3日(金・祝)16時〜サロンテッセラ(東京・三軒茶屋)

共演:相川麻里子(Vn)、重松希巳江(Cl)、植木昭雄(Vc)

ミュライユ : 別離の鐘、微笑み~O. メシアンの追憶に (pf) ペルト : フラトレス (vn,pf) メシアン :「幼子に注ぐ20のまなざし」 より8 高き御空のまなざし (pf) 吉松隆 : 鳥が月の光を夢見る時に (cl,vc,pf) メシアン : 世の終わりのための四重奏曲 (vn,cl,vc,pf)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2017年12月10日(日)筑西冬季・詳細

スピカコミュニティプラザ 多目的ホール(茨城県筑西市)

筑西ステーション

ピティナステップアドヴァイザー

2017年12月26日(火)上野12月・詳細

台東区ミレニアムホール

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会

2018年1月26日(金)18時〜

ピティナステップアドヴァイザー

2018年1月28日(日)横浜北・詳細

フィリアホール(横浜)

横浜たまプラーザステーション

ピティナステップアドヴァイザー&ワンポイントレッスン

2018年2月11日(日)柏崎・詳細

柏崎市文化会館アルフォーレ 大ホール

かしわざきステーション

Instagram

希望の家チャリティーコンサートVol.10 終了

2017年9月16日(土)千葉・印西

いんば学舎草深ホール

共演:尾形祐香(Pf)

生徒勉強会 終了

2017年7月24日(月)

生徒勉強会 終了

2017年7月18日(火)16時〜

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2017年6月17日(土)群馬

PTNA課題曲アドヴァイスレッスン 終了

2017年6月4日(日)チラシ

スタジオ1619- 西武線 新桜台/全日本ピアノ指導者協会・千代田支部

生徒発表会 終了

2017年6月3日(土)

保谷こもれびホール(西東京市)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

出張レッス 終了

2017年5月13(土)、14日(日)鳥取・倉吉

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体