topimage

2017-05

マレイ・ペライア ピアノリサイタル2011 - 2011.11.06 Sun

11月5日(土)、サントリーホールでのペライアのリサイタルへ行ってきました。ペライアを生で聴くのは2度目です。

バッハ:フランス組曲 第5番 ト長調 BWV.816
Bach: French Suite No.5 in G Major, BWV.816
ベートーヴェン :ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 Op.90
Beethoven: Sonata No.27 in E minor, Op.90
ブラームス:4つの小品 Op.119
Brahms: Klavierstücke, Op.119

シューマン:子供の情景 Op.15
Schumann: Kinderszenen Op.15
ショパン:24の前奏曲より 第8番 嬰ヘ短調 Op.28
Chopin: Prelude Op.28 No.8 in F sharp minor
ショパン:マズルカ 第21番 嬰ハ短調 Op.30-4
Chopin: Mazurka Op.30 No.4 C sharp minor
ショパン:スケルツォ第3番 嬰ハ短調 Op.39
Chopin: Scherzo No.3 in C sharp minor

ペライアを知ったのは学生の頃、色々な曲の抜粋が収められたプロモーション用のミニCD(当時そんなものがあった!)をお店でもらって聴いたのが初めてでした。特にシューマンのダヴィッド同盟舞曲集が素晴らしくて、このCDを速攻買いました。そこからベートーヴェンのコンチェルト4番、ショパンの2番コンチェルト、バッハ、メンデルスゾーン、ルプーとのモーツァルト&シューベルトのデュオetc・・・ペライアのCDが増えていくのに時間はかかりませんでした。

そして前回、初めて聴いたペライアのリサイタル・・・どこでいつ聴いたか、プログラムが何だったかも思い出せないのです。CD聴き込んでいたアーティストだけに期待大で行ったら、う~ん、CDの方が何倍も良かった。何度もペライアのリサイタルへ行っている友人に話したら「時々あるよ。最高の瞬間をくれることもあれば、?という時もあった。」とのこと。やっぱりペライアだって人間だし調子だってある。またのチャンスに!と思っていました。その後、指の故障などで日本公演はなかなかなくて今回の来日。胸が高まります。名古屋と東京の2箇所のみの公演。

今回、バッハのフランス組曲が始まったとたん、自分の身体の細胞が喜んでいるのがすぐにわかりました。誰もいない空気の澄んだ明け方の湖畔から、今日1日が生まれる出すようなフレッシュな響き。これぞ、theペライアの音!曲間で咳ひとつすることさえはばかられるような、会場の何千と言う耳がひたすらペライアの音を求める瞬間があり、あ~こういう演奏会って久々かも、と思いました。ペライアの音で特にしびれるのが高音域の輝きと弱音。高音域は生まれたばかりの星屑たちが笑っているようなチャーミングさ。弱音はこの瞬間にいられるだけで感謝したくなる、そんな気持ちにさせてくれます。何度も自分を失いそうになる「たまらない」時間がありました。

前半のドイツ3大Bが終わった時、これで私帰ってもいいです・・・という位満足でした。シューマンもペライアの得意な小品曲集でセンス抜群の歌と響きだったのですが、前半ほど音のツボどころがピタッと私の耳にこなくなってきていました。素晴らしいには違いないのだけれど、前半で知ってしまったあの極上の響きからすると・・・それはショパンでも感じることになりました。あの奇跡の弱音は、コントロールと耳の集中力の極地のような所で作られているはず。ほんの少しの疲労やタイミングで、出せるか出せないか、そういうレヴェルの音であるのではないか。まるで高性能のスポーツカーのように、ハンドルのわずかの操作をいかに操るか・・・ペライアの音はそういうギリギリの所で創造されている美のように思えました。

3曲のアンコール。ショパンのエチュードからOp.10-3,4と、シューベルトのアンプロンプチュOp.90-2でした。別れの曲(Op.10-3)はナショナルエディション版で弾いていたようです。うわ~、初めてライヴで聴いたかも。私の耳はパデレフスキ版で慣れてしまっているので、とても斬新な響きに聴こえました。生徒に弾かせるのは勇気がいる音ですが、自分の本番ではいつかチャンスがあれば弾いてみたいな。シューベルトは、もうただただ感謝。正直Op.10-4で終わるのかな~、このリサイタルの締めくくりにしては・・・なんて思っていたのですが、ここで来てくれたシューベルト!最後にペライアの美音と流れる波のような美しいフォルムを堪能して終演。

このリサイタルを聴いて、私が前回なぜペライアの音に会えなかったのか、わかったような気がしました。彼のセンサーは本当にデリケートなのだということ。そしてそのセンサーがピタリと合ったときに、極上の世界へ連れて行ってくれるということ。ペライアのような繊細さって、やっぱりペライアでしか聴けない!!ということを、身体に耳に刻ませてくれたコンサートでした。

● COMMENT ●

マレイ・ペライラに、にわかに興味は湧いていたのです。

そういうことってあると思います。コンディションがピタリと合ったり合わなかったり。

だから、ピアニストの演奏ってそれはそれは大変なんだと思っています。

ペライアのリサイタル

こんばんは。
僕も昨日行きました。
この記事を読んで
やはり自分と同じ思いを抱かれてた方がいらっしゃったんだって、ホっとしました。
神業的な前半に比べ、後半は
若干違ってた気がして、
でもお客さんは大喜びだし、
なぜ?って思ってました。

しかし、あのシューベルトを聴いて、
やはりペライアのようなクラスの人も
「ある程度」と「ある程度」を超えるのは難しいんだなと思いました。

Re: masakichiさま

本当にライヴ演奏ってナマモノですよね。
ぜひペライア、次回行ってみてください!
あのフレッシュな音楽、私もまた聴きに行きたいです。

Re: ふじしゅうさま

聴く人によって様々な反応があるのが、また面白いですよね。
私も拍手の多さと違うこと思っていること、けっこうあります(笑)

ペライアのようなタイプの演奏家は、本当にナイーヴなんだろうなと思います。
本当ならもっと小さな箱でリラックスした雰囲気で弾きたいんじゃないかな、と思ってみたり。
でも多くの聴衆が彼の音楽を求めるので、そうはいかないのが現実でしょうか。

美を引き出すための環境、コンディションというものが、ミリ単位で影響するようなピアニストのように感じました。
また来日してくれるといいですね!


管理者にだけ表示を許可する

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート «  | BLOG TOP |  » ミュンヘン国立音大春期セミナー2012

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。これまでに鷹取淑子、小林仁、クラウス・シルデ、ミヒャエル・シェーファーの各氏に、またマスタークラス等にて、ハンス・ライグラフ、オレグ・マイセンベルク、アルヌルフ・フォン・アルニム、今峰由香の各氏に師事。チェンバロを坂由理氏、通奏低音奏法を芝崎久美子氏に師事。全日本学生音楽コンクール高校の部奨励賞、ピティナピアノコンペティションG級全国大会審査員特別賞、21世紀ピアノコンクール第1位、霧島国際音楽祭奨励賞。

ドイツ留学中、ミュンヘン・ピアノハウスラング主催のソロリサイタルをはじめ、室内楽やドイツ歌曲伴奏など各地でのコンサートに出演し研鑽を積む。日本へ帰国後、’02年~’07年は1人の作曲家の人生と曲で綴る「カフェクラシック」を中心にトークコンサートを全国各地で公演。丸ビル、女性と仕事の未来館、日本財団、ホンダウェルカムプラザ等のコンサートに出演。’03年王子ホール、’08年すみだトリフォニー小ホール(日本演奏連盟・山田康子奨励助成コンサート)、ドイツ・ラーベンスブルク、’10年王子ホール、’12年、’14年、'16年東京オペラシティリサイタルホールにてリサイタル。'15年「第17回新しい耳音楽祭(サロン・テッセラ)」にて、バッハを中心に調性とポリフォニーをテーマにしたリサイタルを行う。CDに「ピアノで奏でる日本の抒情歌」(DENON/コロムビア)、ヴァイオリニスト相川麻里子の伴奏を務めた「メロディ」(ALM RECORDS/コジマ録音)がある。

またNPO法人「カンボジアの子供の人権を守る会」が経営している孤児院「希望の家」(プノンペン)支援のチャリティーコンサートを毎年開いており、’08年にはカンボジアにて現地の人々を対象にした無料コンサートを開催。その他、新曲初演、室内楽、録音などの演奏活動、またピティナビアノコンペティション、日本クラシック音楽コンクール等の審査員を務めている。

参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier
Instagram@sanaeklavier

Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

★TACT Piano Master Class ★

予定:6/11、7/2、7/29、9/3、10/1、11/12、12/3 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分☆クラス概要問い合わせ

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

生徒発表会

2017年6月3日(土)

PTNA課題曲アドヴァイスレッスン

2017年6月4日(日)チラシ

スタジオ1619- 西武線 新桜台駅徒歩1分/ A2級 30分 8,640円 ★A1級~G級 45分 9.720円 ★デュオ全級 30分 10,800円 ★特級 要相談《お申し込みはこちら》 株式会社タクティカルフューチャーデザイン・全日本ピアノ指導者協会・千代田支部/FAX 03-6733-8571 E-mail info@tact-fd.com 事務局担当 庭山

出張レッスン

2017年6月17日(土)群馬・前橋

生徒勉強会

2017年7月24日(月)

希望の家チャリティーコンサートVol.10

2017年9月16日(土)千葉・印西

いんば学舎草深ホール

共演:尾形祐香(Pf)

出張レッス 終了

2017年5月13(土)、14日(日)鳥取・倉吉

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

【レッスン内容 】<A2級~A1級 >30分・8,000円<B級~F級>45分・9,000円<連弾全級>45分・10,000円<グランミューズ>45分・9,000円<G級/特級>要相談 ※受講者の先生がPTNA会員の場合は500円引きになります。 【メールでのお問い合わせ】ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

ピティナ学校クラスコンサート 終了

2015年12月11日(金)

草加市立清門小学校

共演:藤崎美乃(Vn)

「新しい耳・秋の音楽祭」リサイタル 終了

2015年11月13日(金)午後7時〜

サロン・テッセラ(三軒茶屋)

詳細→新しい耳公式HP

生徒勉強会 終了

2015年10月27日(火)16時30分〜

日比谷・松尾ホール

希望の家チャリティーコンサートvol.8 終了

2015年9月19日(土)午後2時〜

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

チェレスタ 終了

2015年9月5日(土)

東京芸術劇場コンサートホール

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会

生徒録画会 終了

2015年8月14日(金)

国分寺市いずみホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2015年8月3日(月)詳細大泉学園ゆめりあホール(東京)

<トークコンサート>♪J.S.バッハ=コルトー:アリオーゾ♪J.S.バッハ=ジロティ:プレリュード♪J.S.バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む♪J.S.バッハ=松本あすか:インヴェンション

練馬光が丘ステーション

生徒勉強会 終了

2015年7月21日(火)10時〜12時30分

日比谷・松尾ホール

生徒勉強会 終了

2015年6月23日(火)16時~

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2015年6月20日(土)

群馬県高崎市

生徒勉強会 終了

2015年5月30日(土)9時〜12時

大泉学園・ゆめりあホール

出張レッスン 終了

2015年5月16日(土)、17日(日)

鳥取県倉吉市

ピティナ新曲実演審査 終了

2015年4月27日(月)

東音ホール(巣鴨)

生徒勉強会 終了

2015年4月14日(火)日比谷・松尾ホール

ラ・セレクション面談 終了

2015年3月1日(日)午後4時30分〜

エークラスミュージック江古田センター

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2015年2月11日(水)柏崎市民会館アルフォーレ大ホール/かしわざきステーション

トークコンサートプログラム<今年にちなんだ3曲>♪バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む♪ショパン:革命のエチュード♪シベリウス:樅の木

ピティナステップ開催 終了

2015年1月11日(日)台東区ミレニアムホール※定員に達したため締切ました(11/25)。

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会 終了

2015年1月5日(月)13時〜18時 日比谷・松尾ホール

2015年審査実績

1/10日本モーツァルトコンクール予選、1/12日本バッハコンクール予選、3/15日本モーツァルトコンクール本選、3/29煥乎堂ピアノコンクール本選、6/13・14ピティナコンペティション特級一次予選、7/5ピティナコンペティションG級予選、8/6・7ピティナコンペティション西日本E級本選、8/22・23ピティナコンペティション全国大会グランミューズ部門、10/5日本クラシック音楽コンクール本選、11/23ブルグミュラーコンクール高崎予選、12/17日本クラシック音楽コンクール全国大会、12/23ブルグミュラーコンクール東京ファイナル

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体

リンク@お気に入り

最新コメント

カテゴリ

レポート (55)
生徒 (24)
お知らせ (61)
レッスン (7)
ピティナ (67)
Tactレッスン (3)
リサイタル (19)
希望の家 (22)
古楽 (22)
オケ中の仕事 (8)
コンサート感想記 (44)
プライベート (44)
おすすめ (11)
ひとりごと (84)
今峰先生講座&レッスン (14)
本 (10)
食 (35)
美術 (2)
音楽 (3)
CD (2)
大震災 (12)
旅行 (9)
未分類 (25)
日々のこと (23)
卒業生 (11)