topimage

2017-06

GWなどなど - 2017.05.10 Wed

松本先生リサイタル2017_convert_20170510073423
5月1日は学校でお世話になっている松本明先生のオール・ベートーヴェンリサイタル@東京文化へ。瑞々しい先生の演奏に片時も耳を離せないコンサートでした。ワルトシュタインと熱情に挟まれた22番ヘ長調ソナタの魅力を知れたのも新鮮。シューベルトへの繋がりも聴こえてきて、多くの収穫をいただいた時間でした。

姉宅の食卓2017年GW_convert_20170510073803
GWは実家へ。実家近くの姉宅で、お正月のような食事をいただく。これにプラス煮物や餃子も出ての大ごちそう。お持ち帰り用まで用意してあり、至れり尽くせりでした。姉の愛犬・フクとも遊んできました。兄のところも最近シーズーを飼ったそうで、いつか会ってみたいなぁ。空気がよくホッとするのか実家ではほとんど寝ていたという…。父の畑へ行ってレタスや大好きなパクチーを収穫したり、自家製味噌や麹だれももらって、早速我が家で活躍しています。

吉祥寺美術館_convert_20170510073609
高橋悠治コンサート2017_convert_20170510073637
6日(土)は吉祥寺美術館へ、高橋悠治さんのコンサートへ行って来ました。開催中の北村周一氏の展示会の関連イベントで、申込み制の無料コンサート。申し込み日に60回リダイヤルでようやく通じゲットしました。詩や短歌と一緒に紡がれるシンプルで複雑な音たち。後半は北村氏の作品がスクリーンに映し出され、音・言葉・絵による空間。時間・空間の距離、隙間、移り変わり… 普段とは違う軸の中にいるような、不思議な感覚でした。

7日(日)はタクトレッスン@新桜台。月曜からは普段のレッスンスケジュール&練習の日々です。あ〜、やらなくてはいけない雑務もまだ色々… 適度にぼーっとしつつ進めます。

最近の出来事 - 2017.05.01 Mon

出かける日も多かった今日この頃。色々な下準備もあり、何かと時間が経ってしまいます。そんな中、心潤う時間も過ごして来ました。

大麦の会ポスター_convert_20170429082752
東京文化会館(小)であったこちらのコンサートに、ミュンヘン時代の恩人で、高校大学の先輩でもある関谷由美さんとご一緒しました。関谷さんは植田先生門下生で、現在ミュンヘン音大で先生をなさっています。この日のために一時帰国。コンサート前には食事もご一緒できて楽しいひとときでした。コンサートは植田先生のソロの他、豪華な門下生メンバーの演奏の数々!同期の武内君や田淵さんの演奏も聴けて嬉しかった。やはり同期が頑張っている姿は刺激になります。

練馬区立美術館訪問_convert_20170429082818
練馬区立美術館へ。今回は、ナポレオン三世(1803〜1873、ナポレオン・ボナパルトの甥)の時代を中心に、パリの町の変革、それに伴う美術史を見る企画。近代へ向かう変革期の混沌とした時代だからこそ生まれた芸術の歴史を、肌で感じることのできる展示会でした。パリ万博が初開催される輝かしさがある一方で、「レ・ミゼラブル」のような闇もあった時代。改めて、フォーレ(1845〜1924)ドビュッシー(1862〜1918)ラヴェル(1875〜1937)パリ6人組など、作曲家の年号を探りました。

Hピアノハウス工房にて_convert_20170501081354
昨日は急遽、名古屋から一歩足を伸ばしたところにあるピアノ工房さんへ。ヴィンテージなピアノたちに会えてドキドキ、興奮気味でした。

新幹線から見た富士山_convert_20170501081318
味噌カツもひつまぶしも素通りの日帰り旅。綺麗に富士山が見えました。往路指定は希望の時間帯が満席で、東京駅から自由席。新横浜では満席になり立つ方も出て、GWの始まりを感じました。復路上り自由席は快適。新幹線のゴトンゴトンが気持ちよく、持参していたスコアを開かず熟睡してしまいました…

お知らせです。ピティナの今月号会報・コンペ課題曲邦人作品について、3曲の解説を書かせていただいています。また、ピティナ上野ステップが、12月26日・ミレニアムホールで開催される予定です。こちらは詳細が公開になりましたら、改めてお知らせいたします。

どうぞよいGWをお過ごしください。

佐野先生リサイタル&コンクール見学&座談会・・・ - 2017.01.18 Wed

この1月は人とお会いする機会が特に多いです。

IMG_0880.jpg
13日(金)は学校でご一緒している佐野隆哉先生のリサイタル@東京文化会館(小)。ギャスパールと24のプレリュード&more を一晩で、というプログラム…すごい集中力。繊細でエレガントな響きが素晴らしく、細かいタッチへの配慮はレース細工のような精密さを感じました。室内楽の分野でも多くの共演者に信頼されていらっしゃるのも納得です。

ショパコンインアジア2017 with Mayuka
15日(日)は、新桜台のタクトレッスンの後に、生徒が参加していたショパンコンクールinアジア アジア大会@昭和音大を聴きに行って来ました。アジア大会まで進めると弦楽カルテットと一緒にコンチェルトが出来るのです。大学1年生で単位も多い忙しい学業やバイトの合間を縫って、レッスンに通ってきていました。入賞おめでとう。第2ピアノで練習やレッスン、全国大会でお世話になったFさんにも感謝。

with Pianofriends
16日(月)はピティナ本部で座談会形式のインタビューがあり、その後の一コマ。インタビューは近々UPされるそうなので、また詳しくお知らせします。こうして色々な話をしていると、自分と生徒の接し方を見直したり、逆にこだわっている所がわかったり。演奏もそうだけれど、人と接することでアンテナを調整し、またベクトルを持って進める気がします。それにしても、7時間近くずっと喋っていたという…(笑)

IMG_0868.jpg
プライベートのおまけ。10日は1ヶ月以上前から約束していた親友・あき&まりと新年会。初ネパール料理。このヒマラヤ鍋が目当てだったのです。スパイスやハーブが効いていて、寒い時期にはgoodでした。

今週〜来週は合わせweekです。

2017年よろしくお願いします - 2017.01.09 Mon

今年はお節も煮物程度。夫は元旦から出勤で、普段とあまり変わらない年明けです。お正月は家族と会った以外は、箱根駅伝を見たり、仕事の譜面に目を通したり。レッスンは4日から本格始動。6日は恒例の新春勉強会@松尾ホールで小4〜大学生15名が集まりました。

IMG_0834.jpg
こちらは家での新年会。ゴールドボトルのプロセッコで乾杯しました。最近出番が多いのが豚肉で作る「煮込み」。あったまるし、根菜が取れて簡単で重宝してます。

カレンダー
今年のレッスン室のカレンダーは、ドイツの週めくり音楽家カレンダー。先輩からいただきました。各日に有名な音楽家の誕生日や没日が記されていて、今日はこんな日なんだなぁと思いながら面白く見ています。

2017年、「自分を疑いつつ信じる」という言葉を噛みしめています。今のままでいいのか、無理をさせていないか、状況が見えているか…自分に問いながら行く道を踏みしめたい。今年も指導と演奏に力を注ぐ1年にしたいです。

年末のいろいろ一気に… - 2016.12.31 Sat

12月は他にもイヴェントがありました。

19日は日本クラシック音楽コンクール高校2年女子の部審査@かつしかシンフォニーヒルズ。上位入賞者にはコンチェルトが出来るチャンスのあるコンクールです。もっとこのコンチェルトチャンスを意識してみては…、と個人的には思いました。

FullSizeRender-58_convert_20161231112009.jpg
20日は学校の帰りにこちらのコンサート@銀座・ヤマハサロンへ。高校・大学の先輩でもあり、学校でご一緒させていただいている稲積先生の姪御さんに当たる、陽菜さんの初リサイタル。一昨年、昨年と続けて学生コンに入賞している中学1年生です。この室内楽も含めた一晩のリサイタルプログラムを、見事な安定感と瑞々しい感性で演奏されていました。才気煥発という言葉がぴったり。プログラムノートも自ら執筆されていて、これからが益々楽しみです。こうした演奏会を、生徒さんに若い頃から経験させていらっしゃる先生のご指導にも、刺激を受けました。

IMG_0767.jpg

IMG_0770_convert_20161231161850.jpg

IMG_0777_convert_20161231124803.jpg
23日は、かねてから計画していた夫の友人・蝦名さんが来年早々に開業されるカフェ「エス・ブリュート」を見せていただきに、千葉・館山へ行って来ました。ドイツ語で「咲く」という意味の素敵なお店で、夫と私だけの贅沢な時間。蝦名さんが焙煎された美味しい珈琲で、もてなしてくださいました。落ち着いた居心地のいい店内。開店されてから、また伺いたいです。

今年は身近で訃報の多かった年でした。
このお正月、我が家は喪中です。

IMG_0791.jpg
皆様にとって、よい年明けとなりますように。
このメロディーボックスにも、時々お立ち寄りいただけましたら嬉しいです。
来年もよろしくお願い申し上げます。

レッスン受講&体験入学など - 2016.07.29 Fri

27日はカワイ表参道で、イシュトヴァン・ラントシュ教授のマスタークラスでレッスンを受けて来ました。学校の講師室にあったチラシを見て知ったマスタークラス。初めての先生に見ていただく緊張も含め、とても勉強になりました。ラントシュ先生の温かい音色やニュアンスなど、少しでも咀嚼できるように復習したいです。レッスン後には、ラントシュ先生門下生でいらした大学の先輩方に一瞬ですがお会いできて、そちらも嬉しい出来事でした。

28日午前は総芸の体験入学で、中学生のレッスンをしてきました。総芸にご興味のある中学生方は、この体験入学へご参加いただくと、学校の様子がよくわかります。期間中は、在校生のコンサートも行われています(総芸HPに詳細あり)。

Image-2_convert_20160729085739.jpg
午後は、本番が近い生徒たちの勉強会@松尾ホール。広い空間で聴くと、その人の持つ音の力、サウンドのバランス感覚など、よくわかります。人に伝わる音を舞台で自分で判断していくには、色々な空間で弾くことやアンサンブルなど、多角的な耳創りの必要を思います。弾くことに必死にならないというのは、本当に難しい。緊張の中でも、出来る限り3Dのような耳を使って、音楽を立体にしていくスキル。深めていきたいテーマです。今回、私の勉強会では初めて、2台ピアノでのコンチェルトをやってみました。1月の勉強会でも希望者があれば、2台ピアノコンチェルト体験を実施したいと思っています。希望者募集中です。(生徒の皆さん、私、伴奏しますので、希望の方は早めに譜面くださいね〜)

東京駅
夜は、ミュンヘンから帰国中の今峰先生とご飯。ちょうど先生のご都合と合って、お会いすることができました。こんな素敵な景色が夜景になるまで、またまた話題は尽きず。1日働いた後の、楽しい時間でした。

チェンバロレッスンなど - 2016.07.24 Sun

先々週はチェンバロのレッスンへ。春からは、イギリスの作曲家パーセル(1659〜1695)の作品をいくつかやっています。イギリス作品は、パーセルの生まれる100年ほど前の作曲家の作品を集めた「フィッツウィリアム ヴァージナル ブック」の中からいくつかやって以来。36歳という若さで亡くなったパーセル。なかなか一筋縄ではいかない進行の数々に戸惑いながらも新鮮。モーツァルトが生まれる100年程前に、すでにこうした作曲家がいたことに驚きます。

先週は面白い再会がありました。先日ブログ経由で連絡をくれたアメリカ在住の高校・大学の後輩Mさんが日本に帰ってきていて、少しの時間だけだったのですが会うことができたのです。学生の頃以来だから、◯十年ぶり。元気そうで、よかった!都芸の先輩・後輩とは、学年が違っても、なんだかすぐに学生の頃の雰囲気に戻ってしまいます。

学校も夏休みに入り、家でレッスンして練習して、という日々です。気分転換は、本・Youtube・ピラティス・食べること。先週の3連休は夫がダウンして3日間寝倒していたので、私は給食係に徹し、モリモリの朝ご飯を作るの巻。人参ジュースと、ゆるいグルテンフリーは続いてます^^ 冷房⇔外気が堪える季節。もろみ酢の定期購入を始めたので、効果出るといいなぁ。
朝ご飯_convert_20160724072708

昨日のミュンヘンでの事件は衝撃でした。ちょうど講習会へ行っている生徒から、メールの返信が来てほっとしました。無事に、いい勉強をしてきてほしいです。

先週からの色々 - 2016.07.14 Thu

蒸し暑いですね。レッスン&練習の日々です。プラス、生徒のレッスンへの同行、秋山先生の勉強会を聴きに(ちょっとだけ私も参加)伺ったり、自分練習用&生徒勉強会用のホール取りをしたり(来年は今のところ、1月、6月、7月の会場ゲット。6月は久しぶりの発表会で、卒業生にも声をかけて開催したいと思ってます)、参議院選挙へ行ったり。義父の四十九日の法要もこの週末にあって、5月末の怒濤の日々を思い返していました。

FullSizeRender-42_convert_20160714075514.jpg
先週は親友2人と恒例の私の誕生日ランチ。5月に出来なかったので、この日になりました。麹町のイタリアン、美味しかった〜。この後には、お肉の盛り合わせが来て力も付きました。最近、お肉を欲するように(成長期?!)なって、時々無性に食べたくなります。最近メキメキと大きくなっている中学生の男子の生徒さんは450g食べると聞いて、お肉パワーの威力を改めて思い知っています。子育て・仕事と忙しい2人と会えたのは1時間半ほど。ほぼ笑いっぱなしで、スッキリ。もうかれこれ知り合って四半世紀かぁ・・・

FullSizeRender-43_convert_20160714080049.jpg
こんな本を買ってみました。Amazonで他の本を頼んだ時に偶然見つけて、安いし「残り1点」の文字に反応してポチしました。ラフマニノフが若い頃自らもやっていたという基礎練習集。いや〜地味ですね。アコード、スケール、アルペジオ、全調で・・・というような練習が延々と書かれています。以前聞いたヨーロッパのピアニストの方の講座でも、若い頃にこういうベーシックを、色々なテンポや移調で、かなりトレーニングした、とおっしゃっているのを思い出しました。ラフマニノフ自身が、こうした地味な積み重ねをやり、その必要性を解いていて説得力があります。スポーツ選手も自分の種目だけ練習しているわけでなく、走り込みや筋力トレーニングをやるのと同じ、なのかもしれません。

Amazon買い物の続き。予約してあるこちらが届くのも楽しみにしているところです。この対談シリーズ、すごく面白くて、前2冊も夢中になって読みました。この第3弾では、先日マスタークラスを聞いたダンタイソン、あとはアジアのピアニストの名前が割とあるのと、大好きなエマール、メシアン弾きで有名なロジェ・ムラロ の名前があるのも嬉しいです。7月20日発売予定。
作曲家の意図は、すべて楽譜に!

新春勉強会など - 2016.01.08 Fri

FullSizeRender-13_Fotor.jpg
4日(月)は日比谷松尾ホールでの勉強会でした。右は前半のプログラム。これから本番を迎える人たちの、気合い入れ?!の弾き初めになったことを願いつつ・・・

今週は、通常レッスンも始まり、練習も普段の日常を取り戻しつつあります。家のことをしたり、録画してあった番組を見たり、本を読んだり・・・12月はやっぱり非常事態だったなぁ、と思います。一方で、義両親に加え、身近なところで入院の知らせが相次ぎました。1人は、関わっている「希望の家」の若い女の子。健康であっても、日々、取り巻く環境からくる大変さや苦しみは付いて来る。でも、やはり日常の中で悩めることは、当たり前ではないことを、改めて感じています。

明けましておめでとうございます 2016 - 2016.01.03 Sun

FullSizeRender-4_convert_20160103163912.jpg
明けましておめでとうございます。今年も、演奏と指導に力を注ぐ1年にしたいです。このブログも更新していきたいと思っていますので、遊びに来ていただけましたら嬉しいです。我が家の新春ニュース。挿し木をして10年、庭の臘梅(ろうばい)が、ようやく咲いてくれました。日当りなど、あまり条件の良くないスペースしかなくて、なかなか花を付けなかったのですが、このお正月に咲きました。嬉しい!いい香りがします。

FullSizeRender-12_convert_20160103164438.jpg
12月からのバタバタもあったし、お節は作らないで何か持ち寄ろうと義姉と相談して、大晦日にローストビーフを焼きました。今年はオーブンで作ってみました。お肉の下にはたっぷりのお野菜の千切り。野菜を巻いて、わさびを付けていただきます。

Frame+Artist-1_convert_20160103164141.jpg
食を一気にまとめ〜。iPhoneのアプリでこんなことも出来ることを知り、使ってみました!大晦日は仕事納めだった夫と忘年会。今回も年越しまで起きてられず、早寝早起きで元旦を迎えて、ピラティス&人参ジュース&初詣→夫の実家→夫の母の病院へお見舞い。2日は夫を仕事へ送り出してから、日帰りで我が実家。特に姉が作ってくれたお節が美味で、正月気分を味わいました。夜は実家からもらってきたお節などをつまみに、帰宅した夫と乾杯。

IMG_0144_convert_20160103164240.jpg
今日は、石神井公園を散歩してきました。三宝寺池側にある豊島屋でおでんを食べて、日だまりの中でまったり。今年もよろしくお願いします。明日は新春勉強会

人生勉強中 - 2015.12.16 Wed

イルミネーション_convert_20151216211739
リサイタルが終わった後から、この1ヶ月程、病院行脚が続いてます。夫の両親の入院が相次ぎ、今月初旬の母の入院に至っては、退院してばかりの父の通院や家事もあり、兄夫婦が中心に動いてくれているものの、こりゃ、私、遊んでる場合じゃない…と仕事以外の年末までの予定はキャンセル。母が退院して生活が安定するまで、仕事と両立しながら、健康に気をつけて乗り切りたいと思います!

身近な方達に事情を話すと「うちもあってね」とか「今年、親が入院して…」と、家族の話をしてくださって、お付きあいしていても、今まで知らなかったことだったりしました。その共感に、勇気づけられています。昨日は母の病院へ。最寄り駅は、クリスマスのイルミネーションでした。夫の両親と、1対1でこれほど話すのは初めてなので、こういう時だからこそ持てる時間なのかも、と思ったりしています。

内田光子さんのリサイタルへ・・・などなど - 2015.11.18 Wed

スキャン+30_convert_20151118091132
15日(日)の夜は内田光子さんのリサイタル@サントリーへ行って来ました。後半のベートーヴェンのディアベリ変奏曲が特に凄かったです。プログラムノートに書いてあった内田さんのコメント「奇想天外」…まさに!ベートーヴェンの最晩年の世界はカラフルで、血肉に響く面白さ。仏教の「曼荼羅」に近い世界が思い浮かぶ1時間の長大な絵巻物に、圧倒されました。

スキャン+31_convert_20151118074246
翌日は大嶺先生&世界を目指す若手ピアニスト達を支援・育成していらっしゃるKさんとお会いしてきました。昨年、エトリンゲンから帰ってきた後にも、集まったメンバーです。大嶺先生からは、先月のショパンコンクールの2次を現地へ聴きに行った感想を、またKさんからは音楽を目指す若い人たちに必要なスキルの話を多く聞けて、充足した時間でした。大嶺さんからは、なんとショパコンの公式プログラムをいただきました。お宝!ちょうど録画してあった小林愛実さんの情熱大陸を見たところで(リサイタル前はナイーブになっているので泣きそうで見なかったのに、リサイタル後見ても泣けてしまった…)、1ヶ月遅れではありましたが、ショパコンの熱気を受け取りました。

メロディ ちらし_convert_20151118074115
お知らせです。夏に伴奏でレコーディングしたヴァイオリニストの相川麻里子さんのCDが、12月に発売になります。タイトルは、「メロディ〜幸田延のヴァイオリンソナタと同時代の作品を集めて」。日本のクラシックのパイオニア的な存在である幸田延のヴァイオリンソナタ、ぜひ多くの方の耳に届くことを願っています。(先行予約を私の方でも受け付けていますので、関係者の皆様はじめ、ぜひよろしくお願いします。)相川さんとは来年1月にコンサートを2カ所でやりますので、こちらの方もよろしくお願いします。

これからのコンサート予定

♪ピティナ学校クラスコンサート
2015年12月11日(金)草加市立清門小学校
共演:藤崎美乃(Vn)

♪相川麻里子ヴァイオリンコンサート
2016年1月17日(日)紅茶の樹(神奈川・善行)
2016年1月30日(土)19時30分〜 リングラツィオ(東京・江古田)

クラシックニュース&CD編集へ付き添い - 2015.10.21 Wed

朝晩すっかり冷えてきましたね。お知らせです。「第17回・新しい耳音楽際」について、主催の廻由美子さんのインタビューが、クラシックニュースでご覧頂けます。私の第一夜についても、コメントくださってます。
Youtube→クラシックニュース

今日は、7月に伴奏したCD編集の現場に付き添いました。出来ていくプロセスが隙間見れて、興味深かったです。12月に発売予定とのこと。仕上がりが楽しみ&ドキドキです。
PA212990.jpg

審査、試験、合わせなど - 2015.07.09 Thu

日曜日は、ピティナG級予選審査@東邦音大ホール、学校は先週から実技試験で、高校生〜大学生の演奏を多く聴いた週でした。

評価を伴うことは、精神的に消耗もします。だからこそ、目に見えやすい「横軸」の結果に注目し過ぎず、過去と未来をつなぐ自分の「縦軸」の視点を忘れたくない、と思います。人によって使い方も様々になってきたコンクール、将来の目標へ向けて、有効なチャレンジを続けてほしいです。

昨日は今月末の仕事へ向けて2回目の合わせがあり、今は夏〜秋の本番も含め勉強が山積み。焦って焦らず・・・練習です。

新習慣 - 2015.04.16 Thu

先週から、ラセレクション・学校・自宅と新年度レッスンが始まり、勉強会@松尾ホールもありました。まだまだ天候不順の日も多いですが、気持ちは春!


この4月から始めた新習慣、朝のラジオ講座です。先月、群馬へ行くために経由した大宮駅で「NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法」なる本を購入しました(帯にも惹かれてしまうところが主婦感覚…)。昨夏行ったエトリンゲンではドイツ語で通せましたが、internationalな場所では英語が主。再勉強を決意して帰ってきました。それで昨秋から、生徒のお母様で英語の先生がいらっしゃるので相談したり、語学学校の情報などを仕入れていました。でも、サイタル準備〜、仕事〜、と言い訳を並べて、結局やらずじまい。

この著書のアドヴァイスをもとに、ラジオ講座なら私もできるかも!と思って始めて3週間目です。木・金は続けてドイツ語講座も聴く。ピアノと語学の学習には共通点が多いです。今、教則本などでパッセージを入れている生徒さんたちのなかには「なんでこんなこと、やらなくちゃいけないだ」と思っている人も多いと思う。これって、外国語でいう単語を入れているのと似ている。すぐに使えるようにならないけれど、半年〜1年〜2年〜と浸透させていくことで、ある日繋がってくる。

ピアノで毎日15分での進歩を考えると、私の英語勉強も頭の痛いところですが(苦笑)まずは始めの一歩。ピラティス&人参ジュースに続く朝の新習慣に定着させたいです。

家レッスン・コンクール審査など - 2015.04.02 Thu

桜が満開になりましたね 温かいような寒いような・・・何を着るか迷ってしまいます。

春休み中は、午後早い時間から生徒さんが来ます。先週は家籠もりで毎日レッスン。そして週末は、群馬・前橋の煥乎堂ピアノコンクール本選審査でした。煥乎堂さんには、他のオーディション審査でもお世話になったことがあり、ここ数年、群馬へ行くチャンスが増えました。この本選会は、曲にカットが入らないのが特徴のひとつ。休憩時にベテランの先生方から聞ける指導の話も毎年の楽しみです。

昨日は、生徒さんのコンチェルトの伴奏合わせ。久しぶりにオケパートを弾いてます。若い生徒さんと合わせるのも勉強になります。コントロールしようとしない真っすぐなパワーは、やはり若い時にしかない魅力だと思います。その後はチケットを取ってあったメルニコフのコンサートへ。せっかく上野まで来たんだし、桜満開の公園へ足を運びたいところでしたが、雨と寒さで断念。今週末まで持ってくれるといいなぁ。

今週は写真が無かったので、我が家の晩酌ごはん。本当はお花見で1杯、といきたいところ。
P1312831.jpg

春休み - 2015.03.25 Wed

春が近いとはいえ、ここ数日は寒の戻り。まだまだ冷えますね。

先週金曜日はチェンバロレッスン。バッハ平均律1巻のe-mollを見ていただきました。コンクールや受験で「平均律第1巻の10番e-mollは選択から除くこと」と、フーガが2声だからという理由で、可哀想なことの多いこの曲。恥ずかしながら、私もあまりよく知らない平均律の1曲でした。ここ数年、アナリーゼ講座やリサイタルで聴く度に、その美しさに1度弾いてみたいと思い勉強しています。プレリュードは、平均律全曲の中でも、とびきり美しいもののひとつのように思います。フーガの半音階と、謎の?!2カ所ユニゾンも魅惑的。

週末は、春休みらしいことも楽しんできました。
P3212940_convert_20150325080827.jpg

月曜日は都内某ホールへコンサート用グランドの弾き込みのお手伝い。素晴らしいホールとピアノを堪能してきました。そして昨夜は大学の同級生、東由輝子さんのピアノリサイタル@南麻布セントレホールへ。前半はシューマン、後半はショパン。純粋に音楽へ寄り添う柔らかな演奏に、胸が一杯になりました。東さんの曲への深い共感へ聴き手を導いてくれるアプローチから、何かメッセージを受け取った気持ちでいます。聴きに来ていた同期たちとの再会も嬉しかったなぁ。春休み、練習も頑張ろう、と力をもらった一夜でした。
スキャン+22_convert_20150325080803

新年度へ向け少しづつ - 2015.02.18 Wed

新潟から帰ってきてからは、通常の生活を送りつつ、正月以来ご無沙汰していた主人の実家へ顔を出したり、親友たちとご飯をしたり。天候が変わりやすいなか、梅の蕾がふっくらとし始めて、春へと向かうのが感じられますね。新年度へ向け、自分も生徒さんたちも少しづつ動き出し始める季節です。

今年の受験・試験シーズンも、あと一息というところです。1月末から始まっていたので、一足先に済ませた生徒が、先週レッスンに来ました。新しく始まる生活へ向けて、今のうちに少しでも多く曲を見ておきたい気持ちが感じられて、おお〜成長したではないか、と嬉しくなる。受験や試験という区切りはあるけれど、そこで演奏が激変するわけでもありません。返って、新たな課題がみつかることの方が多いと思います。本番までの過ごし方を振り返って、次へスキルを蓄える。その積み重ねでしかないなぁ、と思います。山登りと似てますね。段々と山は高くなり、どんな状況でも登れるための高い技術、自己管理も必要になってくる。そして、緊張が増えるのが普通です(時々本番はワクワクして仕方ないという強者もいますが、私の知る限りごく少数)。山を登るのは楽しいだけはないけれど、充足感やそれまで見た事もない景色に出会えること、そのひとつひとつを財産にしていってほしいです。

・・・と生徒のことを見ていると思うのですが、自分も頑張れよ!と思うわけで(笑)今年は演奏の方でいくつかお話をいただいているので、新たなレパートリーにチャレンジする予定です。詳細が決まり次第、こちらにも掲載します。

今週は写真がなかったので、家カフェした日のひとコマ。
P1312829.jpg

チェンバロ・ピアノ・お仕事 - 2014.10.27 Mon

秋シーズン、食欲も封印して?!、この2週間、通常のレッスン・練習以外はこんな感じでした。

16日クラコン審査@所沢ミューズ、17日坂先生チェンバロレッスン@グレゴリオ音楽院、19日北谷直樹先生チェンバロレッスン@江古田・ベルガミオ、21日学校→生徒勉強会@日比谷・松尾、そして昨日26日は録音のお仕事でした。バラエティに富んだ2週間で、やりたいことやお仕事は、やはり秋に集中します。

昨日の録音の仕事は友人Iちゃんからのお話で、30曲近い曲を4人のピアニストでシェアというもの。某放送局のスタジオで、リストの「愛の夢」など6曲を入れてきました。オケも入るという大きなスタジオに、スタインウェイDという贅沢な空間!どこかで皆さんのお耳に届くことがあるといいな、と思います。

今週は来月のリサイタルのプログラムノートを書きつつ、この2週間で得た栄養を練習に生かしていきたいです。最近まとまって歩きに行く時間がないので、日課はもっぱらコレ。何年同じDVD使ってるんだろう・・・いまだにキツい!
PA272760_convert_20141027075003.jpg

12月7日(日)の「緋水」演奏会のチラシ、来年1月11日(日)に開催することになった上野ステップのお知らせなど、また改めてUPします。

秋の入口 - 2014.09.01 Mon

だいぶ涼しくなってきて、過ごしやすいですね。先週は生徒が出場していた学生コンを聴きにいったり、年1回の人間ドック受診など。そして、この前の発表会で生徒さんを参加させてくださった大久保先生が、我が家にいらしてくださいました。一緒に育てている生徒さんのこと指導のことなど共通の話題は尽きず・・・私にとっては、この夏のことを整理できた時間でもありました。あとはレッスン&練習。

この週末は実家へ。両親に甘えて、夏の疲れを癒してきました。近場の温泉&美味しい食事、また父の畑から夏野菜をどっさりもらって帰宅。パスタソースやオリーブオイル煮にして、早速保存しました。しばらく楽しめそうです。ここ数日は、これにもハマって?!ます。トレーニングボード

こういう器具があるのは知っていたのですが、今までやったことがなく、生徒の指の強化にどうだろうと思って試しに購入。そうしたら自分に動きの鈍い指があって、書いてある動作がスムーズにできないと悔しくなり(笑)続行中・・・実家でも両親と喋りながら、動かしておりました。さて効果はいかに。すでにちょっといい感じです。

今夏の一番の思い出はやっぱりドイツ。最終日、フランクフルトのホテルからの眺めです。

帰国から1週間 - 2014.08.26 Tue

涼しかったドイツから戻って来て1週間。蒸し暑さにも、ようやく身体が馴染んできました。先週金曜日には、日本帰国中の今峰先生のレッスンを入れていただいていたので、無謀にも受けて来ました。11月のリサイタルのシューベルトは、今峰先生のレッスンをどうしても受けておきたかったのです。終わってからは、エトリンゲンでの話も含めて今のヨーロッパのピアノ教育事情や、近況報告などなど(mit 日本酒!)。my生徒さんたちのレッスンも通常に戻りつつあります。

昨日はドイツのお土産を持って、大嶺先生のお宅にお邪魔して来ました。またまたエトリンゲンでの話を聞いてもらって、長くヨーロッパで勉強した大嶺先生との話は興味深く、美味しいおもてなし料理と共に楽しい時間を過ごしてきました。前日には大嶺先生に指導を引き継いでもらっている私の元生徒さんが、あるオーディションで賞をいただいたので、ちょっとお祝いの乾杯にもなりました。この前のドイツの美保宅といい大嶺先生宅といい、私の友人には美しく暮らす&料理上手が多く参考にしたいです。
P8252739_convert_20140826071414.jpg

上記コンサートのお知らせを掲載しました。2008年から始めた「希望の家」チャリティーコンサート、7回目になります。当時小さかった子供たちも大きくなり、結婚したり仕事に就いたり着実に歩んでいます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

体験入学、本、発表会DVDなど・・・ - 2014.08.01 Fri

毎日暑いですね8月に入りました。先週からも、主にレッスンの日々です。汗かきかき来てくれる生徒さんを思えば、暑いなんて言ってはいけない、と思いながら、麦茶と梅干しで対応です。

28日(月)はピティナG級二次を聴きに狛江・エプタザールへ。ここに併設されている音楽専用マンションに、結婚前まで住んでいました。懐かしい!生徒が弾いた1グループだけ聴きました。20分近く聴き手の耳を引き寄せられる音楽・・・そう簡単ではないですね。入念な準備、プログラミング、体力、集中力、そして何より曲のイメージのカラフルさ&実現できる技術。どんな状況でも対応できる経験も必要、と感じました。このレヴェルになると、要求されるハードルもぐっと大人なると実感。


P2201666_convert_20140801060909.jpg
31日(木)、昨日は学校の体験入学でした。昔撮った写真ですが、総芸の校舎です。6人の中学生をレッスンしました。受験を迷っている〜受験することを決めている生徒さんまで、幅広くアドヴァイスしています。うちの高校に興味ある中学生の方は、この夏の体験入学にぜひいらしてみてください。



ピアニストが語る!  現代の世界的ピアニストたちとの対話ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話
(2014/06/05)
焦 元溥

商品詳細を見る

いくつか平行して本を読んでます。そのひとつがこちら。興味深いのが、演奏家として活躍しながら教育者としても高名な方のインタビューが読めること。ヴィルサラーゼ氏が目当てで買ったのですが(彼女の言葉は、内田光子さんの言葉と共に勇気づけられます)、バシキロフ氏のインタビューも、かなり響きました。ロシアの音楽教育の歴史というものを、あまり知らなかったのですが、あれだけのピアニストを輩出する後ろに、礎を築いた教育者の存在の大きさを感じる1冊でもあります。何か迷ったとき、苦しいとき、尊敬する師匠たちや、目標としている先生方の言葉・姿勢を思い出します。そして、こうした本の言葉からも、示唆をもらっています。


P8012738_convert_20140801061030.jpg
6月発表会のDVDが、ビデオクラシックスさんから届きました。美しい5色仕立て!今回も、高級感のある映像です。だいぶ発表会の映像集も、戸棚に増えてきました。

実技試験→勉強会→ごはん - 2014.07.04 Fri

火曜日は学校で3年生の実技試験でした。その足で、生徒2人が出させていただいた勉強会を聴きに荻窪へ。生徒さんたちの本番を聴いて、またまた感じることの多い1日でした。

その夜は、目の治療のため東京の病院へ来ていた母と、仕事帰りの父と合流し、ホテルオークラで食事をしました。初めて踏み入れた!クラシックな雰囲気が素敵。近々、東京オリンピックへ向けて改装だそうですが、この重厚な雰囲気はそのままであってほしいなぁ。さすがは老舗ホテルの中華、美味しゅうございました。来週へ向けて、また頑張れそうです。
P7012704_convert_20140704063345.jpg

おまけ(いらないか・・・)
P7012702.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。
参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier
Instagram@sanaeklavier

★TACT Piano Master Class ★

予定:7/2、7/29、9/3、10/1、11/12、12/3 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分☆クラス概要問い合わせ

生徒勉強会

2017年7月24日(月)

希望の家チャリティーコンサートVol.10

2017年9月16日(土)千葉・印西

いんば学舎草深ホール

共演:尾形祐香(Pf)

第21回「新しい耳」音楽祭第一夜

2017年11月3日(金・祝)午後4時〜サロンテッセラ(東京・三軒茶屋)

共演:相川麻里子(Vn)、重松希巳江(Cl)、植木昭雄(Vc)

メシアン「世の終わりのための四重奏曲」他 詳細後日

ピティナステップアドヴァイザー

2017年12月26日(火)

台東区ミレニアムホール

上野ポリフォニーステーション

Instagram

出張レッスン 終了

2017年6月17日(土)群馬

PTNA課題曲アドヴァイスレッスン 終了

2017年6月4日(日)チラシ

スタジオ1619- 西武線 新桜台/全日本ピアノ指導者協会・千代田支部

生徒発表会 終了

2017年6月3日(土)

保谷こもれびホール(西東京市)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

出張レッス 終了

2017年5月13(土)、14日(日)鳥取・倉吉

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体