topimage

2015-07

朝ごはん - 2015.07.01 Wed

勉強会、自宅レッスン、江古田、学校、合わせも始まりました。8月中旬まで、私にしては密なスケジュールなので、体調管理をして、暑さ対策に勤しみたいと思います。

学校や審査での先生達との会話の中には、この「体調管理」の話になることが、けっこうあります。疲れている中でいかに練習に集中するか(いかに”暗譜”するか、とか)、運動、効果的なサプリメント、食事など、日常の中で工夫されている先生方の話を聞くのは、参考になります。この前、「つるとはな」という雑誌に、チェリストの藤原真理さんの「音と身体の追究」という見出しを見て、購入しました。長く一線で活躍をされる後ろには、日常生活からチェロへ向かう姿勢を整えている姿があって、なんてかっこいいのだろうと、惚れ惚れしながら読みました。

最近、いくつか生活に変化を加えていて、(春からの朝ラジオ語学は、無事4ヶ月目に入りました!聞くだけの状況からは脱しておりませんが…汗)、6月からはグルテンフリーを試しています。アルコールもほとんど飲まなくなり、家族からは「極端なんだよ」と呆れられながら1ヶ月です。玄米は昔から時々食べていました。でも、グルテンを抜くとなると、パンやパスタは食べれないので、玄米を食べるチャンスは増えます。朝も、洋食をやめて玄米中心。10分前に人参ジュースを飲み、朝ごはんは、ほぼこの定番(ご飯・納豆・目玉焼き・みそ汁・くるみとプルーンと蜂蜜入りのヨーグルト)。夜は炭水化物を抜き、タンパク質と野菜。これでピラティスやって、腹筋が割れてくれるのを夢見ています(←アブナイ?!)。

公開レッスン@高崎 など - 2015.06.22 Mon


20日(土)は、群馬県・高崎市のホールで、伊勢崎HIMAWARIステーション・小林真子先生主催の公開レッスンでした。午前10時過ぎ〜午後9時まで、ソロ19名、連弾2組のレッスンをしてきました。コンペが間近な生徒さん達は、広い空間でベーゼンドルファーを弾けることもあり、本番用ドレスでリハーサル。本番前の緊張を体験できたのではないかな、と思います。E級での参加の生徒さんは、この春の高校受験を終えてすぐに「コンペを受けたい」と先生に申し出たそうです。受験勉強のブランクを感じさせない、ピアノの勉強もしっかり重ねていて感心しました。「ピアノが好き」と感じさせてくれる演奏は、音楽の温度も高いです。

P6202957.jpg
夜は高崎泊。レッスン後、小林先生がお食事に誘ってくださったものの、私が伸びきってしまっている状態(汗)またぜひゆっくり…とお約束して、駅ナカでささっとこちらを食しました。「峠の釜飯」!大学生の頃、長野に住む友人の伴奏へ行く途中に、横川駅での停車時間中にダッシュして買いに行ったのが懐かしい(※まだ長野新幹線ができる前の話です)。まだ寒い時期の、ホカホカだった釜飯の感動が忘れられず、時々食べたくなります。甘辛いシイタケと箸休めの干し杏がたまりません。美味しかったです。

P6222958.jpg
翌朝はこちらを聴きに芸大・奏楽堂へ。元生徒の演奏を聴きに行きました。もう受験から2年半経つなんて…早いです。その時からは想像できない、大人になった彼女の個性で、骨格のある大曲を演奏していました。本当は全部聴きたかったのですが、午前中6人を聴いて帰宅。皆さんそれぞれに、20分の持ち時間、大きな舞台でプレッシャーもある中、自分の音の世界を創ろうとしているのが伝わってきました。高校生ながら、私たちの時代の学内演奏会(大学2年の時にある演奏会)の時のようなプログラムが並んでいて驚きです。初めて行きましたが、多くの方が朝から聴きに来ており、その関心の高さも知りました。

2年ぶりくらいに訪れた母校。お昼は友人の先生と美術学部にあるミュージアムに初めて足を踏み入れ、上のレストランでご飯。音楽学部の近くには上島珈琲も新たに出来ていて、進化を感じました。レトロで雑多だった頃の上野も、少し懐かしく感じた駅までの道のりでした。

お知らせ〜20日(土)公開レッスン@高崎など - 2015.06.18 Thu

お知らせです。今週20日(土)にピティナ課題曲の公開レッスンを、高崎市・群馬音楽センターシンフォニーホール(中)で行います。伊勢崎HIMAWARIステーション代表の小林真子先生主催で、聴講を受け付けているそうです。お近くでご関心のある方がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。詳細→高崎・公開レッスン2015

これからの演奏スケジュール予定です。また詳細が決まりましたら、別途お知らせします。
7月下旬・・・レコーディング(ヴァイオリン伴奏)
8月3日・・・大泉学園ピティナステップ・トークコンサート(ソロ)
9月上旬・・・ウィンドオケ本番(チェレスタ担当)
9月19日・・・希望の家チャリティーコンサート(ソロ)
11月13日・・・テッセラ秋の音楽祭「新しい耳」第一夜(ソロ)

ピティナ特級一次審査 - 2015.06.15 Mon

13、14日は、ピティナ特級一次審査@狛江・エプタザールでした。

約4・5倍の通過率。弾けて当たり前、譜面の読み込みはもちろんのこと、その人にしかない「独自の感性」で表現しているかどうか・・・そこまでもが審査基準になったように感じました。

私自身は、古典とエチュードが義務の曲になっている点で、この2曲がバランスよく弾けているかどうかも目安に置きました。他の曲で目の覚めるような演奏であっても、古典の演奏で惜しい、と思う方が多かったです。古典を現代の楽器で、説得力持って表現しきるのは難しい。でも中には、時代の香りを漂わせつつ、巧く表現されていらっしゃる方もいらして、勉強になりました。

暑さと共にやってくる夏の審査・コンクール・試験シーズン、今年も幕開けです。

渡辺健二先生のリサイタル@東京文化会館(小)を聴きに行くなど - 2015.06.11 Thu


発表演奏会の翌日も東京文化へ。渡辺健二先生のリサイタルへ伺いました。先生のリサイタルでは、空間に耳で絵を描いているようなイメージがいつも浮かびます。聴く感覚が開かれる感じがあって、自分の耳が良くなっていくような錯覚。後半のシューベルトが特に心に染みました。先生自身がお書きになっているプログラムノートやメッセージを読むのも楽しみのひとつです。

先週末からは自宅・江古田・学校とレッスンが続きました。昨日は某ホールの抽選会へ。50人以上が主に週末のホールを狙ってくるのですからタイヘンです。このホールの抽選会で、今まで後ろの番号しか出たことがなかったのが、この日は真ん中から上へ!なんとか日曜夜の1ブロックだけ確保できました。来年の6月初旬の勉強会は、ここでやります。

その後、プロフィール写真を5年ぶりにスタジオ・ディーバさんで、前回と同じ、カメラマンの山口さん、メイクアップの加藤さんにお願いして撮ってきました。今回は自然な感じも出したくて、ドレスではないパターンもお願いしました(左のプロフィール写真に置いてみました)。これからコンサートなどで、この新たな写真を使っていこうと思います。

発表演奏会2015@東京文化会館(小) - 2015.06.05 Fri

スキャン+23_convert_20150605090841
昨日は総芸の発表演奏会を聴きに上野へ。高校生の真剣でフレッシュな演奏を、味わいました。伸び盛りの時期に、多くの方の前で、日本を代表するコンサートホールで弾かせてもらえる経験。当日の運営も含めこのような場を与え支えてくださっている学校の先生方、家族、聴きにきてくださる方、そして選ばれた人たちへ拍手を送って聴いてくれた仲間たちが居てこそ、この日を迎えられたことを忘れずに、胸に刻んでほしいです。自分の生徒の番になると味わってばかりもいられず・・・でしたが、舞台を終えて感じた課題へ、また共に取り組んでいこうと思います。

先週からチェンバロレッスンや勉強会、留学中の恩人Sさんとの再会、そして親友たちとの恒例の誕生日食事会などもありました。ひとつ年を重ねて、今まで見えななかったことが見え、聴こえなかった音が聴こえて来るような年になれたらなぁ、と思ってます。

大嶺未来さんのラフマニノフ全曲演奏シリーズvol.4を聴きに行く、など - 2015.05.25 Mon

先週の鳥取からもう1週間!早いです。レッスンについて、三好先生が詳しく書いてくださっていました→三好芳子先生のブログ

今週は通常レッスン&練習。昨日は、ピアニスト大嶺未来さんのラフマニノフ全曲演奏会vol.4を聴きに、紀尾井町サロンホールへ行って来ました。昨年の第3回に続き、このシリーズを聴くのは2度目です。

今回は「ヴィルトーゾ」というサブタイトルがついており、37〜38歳に書かれた作品が並びました。音の絵op.33、13の前奏曲集op.32、プラス編曲ものを2つ。これだけ難曲揃いの作品を、曲集ごとに弾ききってしまう大嶺さんの実力!前奏曲集での各曲のキャラクターに富んだ表現が、特に印象的でした。次回12月1日は、いよいよ代表的な2作品、op.39の音の絵と、ソナタ第2番だそうです。同じ作曲家の作品でのコンサート、この前のクラムの時もそうでしたが、作曲家の軌跡も聴けるので、音の世界を味わう&プラスアルファがあるように感じます。

今週末はこんな所へも寄って来ました。ちょっとヨーロッパまで…違う?!西武池袋店の屋上にできた空中庭園。モネの「睡蓮」をイメージしているそうです。綺麗でした。
P5232951.jpg

「新しい耳」〜クラム・ナイト〜を聴く&鳥取レッスン - 2015.05.18 Mon


5月15日(金)は「新しい耳」シリーズ第一夜、中川瑞葉さんによる〜クラム・ナイト〜を聴きに、サロン・テッセラ(三軒茶屋)へ行って来ました。全プログラムが、ジョージ・クラムの作品。これまでも、何度かクラムの作品に触れたことがあり、興味深く思っていた作曲家。こうしてまとめて聴く事で、響きの共鳴から来る魔術のような世界に浸りました。特に後半のマクロコスモス第2巻は、12の星座を旅するような面白さも加わって、不思議な余韻。独特の記譜、ピアノからあらゆる可能性、いつも触れているピアノとは違う顔を聴いた夜でした。

この「新しい耳」シリーズ第17回テッセラ秋の音楽祭・第一夜(11月13日・金)で、ソロリサイタルをさせていただくことになりました。バッハとショスタコーヴィチのプレリュード&フーガを中心にしたプログラムで予定しています。7月下旬からチケット販売になります。70席の雰囲気あるサロン・テッセラで描く空間をイメージしながら、準備したいです。また詳細が出ましたら、こちらでもご案内します。よろしくお願いします。

翌日からは、3年目になる鳥取でのレッスンでした。今年から鳥取空港は「コナン空港」に。鳥取には2つ空港があって米子の方は「ゲゲゲの鬼太郎空港」なので、知らずに降りてアニメの絵が並ぶ光景に「今日は米子空港だったっけ?」と一瞬焦りました!
P5172946.jpg

今年は21人のソロ、3組の連弾をレッスン。毎年受けてくれる生徒さん、今年初めましての生徒さん、みんな共通する伸びやかさがあって、「この感じ!」と思い出してきます。鳥取は海も山もあり、眺める風景が美しい。そして、お世話になっている三好芳子先生が連れていってくださるお店で、今年も大好物の岩牡蠣をごちそうになり…とろけそうでした。三好先生はじめご参加くださった先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました。

生徒のフォルテピアノ体験 - 2015.05.13 Wed

5月10日(日)にあったピアニストの飯野明日香さん主催の「ピティナ汐留ステップ」で、3人の生徒がフォルテピアノ体験をしてきました。私はレッスンで伺えなかったのですが、参加した生徒さんたちからは、飯野さんのフォルテピアノでのトークコンサートも含め、とても勉強になった、と報告がありました。

今回のフォルテピアノはデュルケンという楽器だったそうです。本番数日前に行った練習も含め、当時の響きが曲へのインスピレーションを深めてくれたのでは、と思います。普段のピアノとは響きもタッチも違うフォルテピアノで、しかも人前での演奏という緊張も大きかったと思います。めったにできない体験を、このステップでさせてもらいました。

そのうちの1人、ベートーヴェンの悲愴ソナタ全楽章で参加した生徒さん(13歳)から、YouTube動画が届きました。興味深かったので、その中から第2楽章で、様子をご紹介です。



同じ生徒さん、3年前にはバッハでのチェンバロ体験も。音楽への好奇心を大事に、こうした機会を重ねていってほしいです。
チェンバロフェスティバル1

GW後半・コンチェルトステップを聴く - 2015.05.07 Thu

6(1).jpg

__.jpg

P5052947.jpg
(写真提供:軽部忍先生)

後半の休みは自宅レッスン中心。5月5日の午後だけ、生徒が参加していたピティナ新宿コンチェルトステップ@牛込箪笥区民ホールを聴きに出かけました。

今春、音高に入学したばかりの生徒さん。1月末に入試が終わり、入学までの間にコンチェルトのレパートリーも作ろう、と参加を決めました。このステップ主催の秋山徹也先生が、個人の勉強会でコンチェルト企画をやっていらした頃、1度子供の曲で経験させてもらったことがあります。それ以来のコンチェルト。今回のラヴェルのような大きなものは初体験でした。

コンチェルトを勉強するというのは、1人ではできないこと。準備に当たって、同じ音高の先輩でもある彼女のお姉ちゃんがオケパートを弾いてくれたり、ソロとは違うプロセスを経験しました。小学生の頃から憧れだった曲を伸び伸び弾かせてもらって、秋山先生はじめ、指揮の前田先生、オケの皆さんに感謝です。練習の段階から「本番が楽しみ」と明るい表情だったこともあり、彼女の演奏を久しぶりにドキドキせずに聴けました。彼女を含め7名の演奏を聴きました。特に4部のショパン1番を弾いた方が素晴らしかったです。ソリストの集中で、オーケストラとの調和が増していくのがわかりました。

世界で活躍するピアニストがレパートリーにしているコンチェルトは、30〜40曲といいます。この前のモーツァルトコンクールでも感じましたが、コンチェルトやアンサンブルの経験を若い頃から積むいいチャンス。次回コンチェルトステップ企画は、9月23日(水・祝)に、参宮橋ステップであるそうです。

ステップ関連で、お知らせです。8月3日(月)に、大泉学園ステップでアドヴァイザー&トークコンサートを担当することになりました。夏〜秋の本番へ向けての舞台慣れに、お使いいただけたらと思います。

今週末も、生徒さんたちが面白い企画のステップに参加します。聴きにいけないのが残念。お土産話を楽しみにしたいです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師、㈱エ-クラスミュージック「ラ・セレクション」コース特別講師。これまでに鷹取淑子、小林仁、クラウス・シルデ、ミヒャエル・シェーファーの各氏に、またマスタークラス等にて、ハンス・ライグラフ、オレグ・マイセンベルク、アルヌルフ・フォン・アルニム、今峰由香の各氏に師事。チェンバロを坂由理氏、通奏低音奏法を芝崎久美子氏に師事。全日本学生音楽コンクール高校の部奨励賞、ピティナピアノコンペティションG級全国大会審査員特別賞、21世紀ピアノコンクール第1位、霧島国際音楽祭奨励賞。

ドイツ留学中、ミュンヘン・ピアノハウスラング主催のソロリサイタルをはじめ、室内楽やドイツ歌曲伴奏など各地でのコンサートに出演し研鑽を積む。’03年王子ホール、’08年すみだトリフォニー小ホール(日本演奏連盟・山田康子奨励助成コンサート)、ドイツ・ラーベンスブルク、’10年王子ホール、’12年、’14年東京オペラシティリサイタルホールにてリサイタル。’02年~’07年は1人の作曲家の人生と曲で綴る「カフェクラシック」を中心にトークコンサートを全国各地で公演。丸ビル、女性と仕事の未来館、日本財団、ホンダウェルカムプラザ等のコンサートに出演。CDに「ピアノで奏でる日本の抒情歌」(DENON/コロムビア)がある。

またNPO法人「カンボジアの子供の人権を守る会」が経営している孤児院「希望の家」(プノンペン)支援のチャリティーコンサートを毎年開いており、’08年にはカンボジアにて現地の人々を対象にした無料コンサートを開催。その他、新曲初演や室内楽のコンサート活動、またピティナビアノコンペティション、日本クラシック音楽コンクール等の審査員を務めている。

参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier

Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2015年8月3日(月)詳細

大泉学園ゆめりあホール(東京)

練馬光が丘ステーション

希望の家チャリティーコンサートvol.8

2015年9月19日(土)午後2時〜

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リサイタル

2015年11月13日(金)東京

詳細後日

2015年審査実績

1/10日本モーツァルトコンクール予選、1/12日本バッハコンクール予選、3/15日本モーツァルトコンクール本選、3/29煥乎堂ピアノコンクール本選、6/13・14ピティナコンペティション特級一次予選

生徒勉強会 終了

2015年6月23日(火)16時~

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2015年6月20日(土)

群馬県高崎市

生徒勉強会 終了

2015年5月30日(土)9時〜12時

大泉学園・ゆめりあホール

出張レッスン 終了

2015年5月16日(土)、17日(日)

鳥取県倉吉市

ピティナ新曲実演審査 終了

2015年4月27日(月)

東音ホール(巣鴨)

生徒勉強会 終了

2015年4月14日(火)日比谷・松尾ホール

ラ・セレクション面談 終了

2015年3月1日(日)午後4時30分〜

エークラスミュージック江古田センター

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2015年2月11日(水)柏崎市民会館アルフォーレ大ホール/かしわざきステーション

トークコンサートプログラム<今年にちなんだ3曲>♪バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む♪ショパン:革命のエチュード♪シベリウス:樅の木

ピティナステップ開催 終了

2015年1月11日(日)台東区ミレニアムホール※定員に達したため締切ました(11/25)。

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会 終了

2015年1月5日(月)13時〜18時 日比谷・松尾ホール

ピティナステップアドヴァイザー 終了

2014年12月23日(火)徳島

あわぎんホール5階(徳島)

徳島支部

ピティナ学校クラスコンサート 終了

2014年12月12日(金)

草加市八幡小学校(埼玉)

生徒勉強会 終了

2014年12月11日(木)

日比谷・松尾ホール

東京都立芸術高校同窓会「緋水」コンサート 終了

2014年12月7日(日)

都立総合芸術高校音楽ホール(新宿区)

リサイタル 終了

2014年11月21日(金)19時〜東京オペラシティ・リサイタルホール

リサイタル2014詳細

生徒勉強会 終了

2014年10月21日(火)午後5時〜6時

日比谷・松尾ホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2014年10月12日(日)仙台市太白区文化センター・楽楽楽ホール(宮城)

プログラム<秋をテーマに>♪吉松隆:4つの小さな夢の歌 より「秋:11月の夢の歌」♪岡野貞一(石川芳編):紅葉♪南能衛(石川芳編):村祭♪チャイコフスキー:四季 より「10月:秋の歌」

仙台おりひめステーション

カンボジア希望の家チャリティーコンサートVol.7 終了

2014年9月20日(土)14時〜いんば学舎草深・ホール(千葉県印西市)

♪モーツァルト:アレルヤ♪マスカーニ:アヴェマリア♪サティ:あなたが大好き♪レハール:『メリーウィドウ』より ヴィリアの歌♪バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む(ピアノソロ)♪木下牧子:竹とんぼに♪山田耕筰:赤とんぼ、からたちの花♪中田喜直:悲しくなったときは、夏の思い出

共演:小宮順子(Sop)

生徒勉強会 終了

2014年7月24日(木)午前10~12時

日比谷・松尾ホール(東京)

ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン 終了

2014年6月15日(日)※定員に達したため締切ました。

主催:ピティナ城北支部03-3944-1353(庭山様)

エークラスミュージック㈱赤羽センター

生徒発表会 終了

2014年6月8日(日)

東京芸術センター・天空劇場

コンペ課題曲 公開レッスン 終了

2014年6月7日(土)詳細→こちら

高崎市新町文化ホール(群馬)

伊勢崎HIMAWARIステーション

出張レッスン 終了

2014年5月17日(土)、18日(日)

倉吉(鳥取)

ピティナステップアドヴァイザー 終了

2014年5月6日(火・祝)牛込箪笥区民ホール(東京)

新宿コンチェルトステップ

文京アナリーゼステーション

生徒勉強会 終了

2014年4月3日(木)午後3時〜5時

日比谷・松尾ホール

ピティナ新曲課題曲実音審査 終了

2014年4月2日(水)

巣鴨・東音ホール

コンサート 終了

2014年3月1日(土)19時30分~

江古田・リングラツィオ

共演:相川麻理子(Vn)

ラ・セレクション面接日 終了

2014年2月9日(日)午後3時~

エークラスミュージック北赤羽センター

ピティナステップアドヴァイザー 終了

2014年2月2日(日)

さいたま市文化小ホール(南浦和)

浦和しらさぎステーション

生徒発表会 終了

2014年1月5日(日)

ゆめりあホール(東京・大泉学園)

2014年審査実績 

1/12日本バッハコンクール予選、3/30煥乎堂ピアノコンクール本選、7/23日本クラシック音楽コンクール予選、8/6ピティナピアノコンペティション東日本E級本選、8/7ピティナピアノコンペティション東日本F級本選、10/16日本クラシック音楽コンクール本選、11/23煥乎堂リトルピアニストオーディション、12/18日本クラシック音楽コンクール全国大会

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体

リンク@お気に入り

最新コメント

カテゴリ

レポート (41)
生徒 (22)
お知らせ (52)
レッスン (6)
リサイタル (13)
古楽 (20)
希望の家 (19)
ピティナ (48)
コンサート感想記 (36)
プライベート (38)
おすすめ (11)
ひとりごと (82)
今峰先生講座&レッスン (11)
本 (9)
食 (33)
美術 (1)
音楽 (3)
CD (2)
大震災 (12)
旅行 (9)
未分類 (25)
日々のこと (9)