topimage

2017-09

希望の家チャリティコンサートVol.10 ご報告 - 2017.09.18 Mon

台風が近づく中、雨も何とか持ちこたえて、今年も無事に「希望の家」チャリティコンサートを行うことができました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

希望の家チャリコン2017客席様子_convert_20170917210733
第10回目を迎え、年に1度この時期にこの場所で「希望の家day」のような役割も担ってきているように思います。今回も多くの方々に支えていただきました。

希望の家チャリコン2017祐香演奏中1_convert_20170917210143
共演の尾形祐香さんとは、かれこれ知り合って10年近く。しっかりと準備し仕上げてくれて、大変心強かったです。

希望の家チャリコン2017早苗演奏中_convert_20170917210024
今回は「愛と人生」がテーマ。ドラマティックな曲でプログラミングしました。

希望の家チャリコン2017報告会_convert_20170917210405
「希望の家」代表・菊地龍彦先生による希望の家の報告会の様子。

希望の家チャリコン2017報告会2_convert_20170917210233
現地の様子もビデオで紹介されました。休憩時には、コーヒーチャリティやいんば学舎のパンや野菜などの物品販売もありました。

希望の家チャリコン2017留学中組_convert_20170917210448
日本に留学している子供達、左からチャリヤ(成田日本語学校)、レッケナ(成田日本語学校)、テラー(秀明大学2年)。3人とも目を見張る程の日本語上達ぶり。

希望の家チャリコン2017祐香トーク中_convert_20170917210317
曲解説中の祐香さん。数年前には、こちらにお客さんとして聴きに来てくれたこともあり、共演依頼したところすぐに快諾してくれました。学業が忙しい中、ありがとう。

希望の家チャリコン2017連弾_convert_20170917210711
終演後「嬉しそうに弾いていらしっしゃいましたね」と声がけされ、気持ちが顔に出てしまっていたようです。こちらは真剣演奏中。
(写真提供:金井様)

収入合計 339、100円(チケット売上:187,000円、寄付:152,100円)

「早苗基金」にストックされ、子供達の教育資金として有効に利用させていただきます。ご来場くださった方々、ご寄付くださった方々、いつも会場セッティング等気持ちよく支えてくださるいんば学舎のスタッフの皆様、前田様、金井様、波多江様、村上様、譜めくりしてくれたY花ちゃん、ご来場くださったS藤さん、M藤さん、祐香さんご家族、また毎年のように寄付くださる今峰先生、中本先生、鎌田先生、K城さん、そして家族にも心から感謝しています。ありがとうございました。

<チャリティーコンサートの歩み>
♪第 1回2008年6月15日東京・四谷ニコラ・バレ修道院「高木早苗ピアノコンサート」
♪第 2回2008年6月28日千葉・いんば学舎草深「高木早苗ピアノコンサート」…330,600円(第1回目と合算)
♪第 3回2010年3月20日千葉・いんば学舎草深「加藤洋一ヴォーカルコンサート」…253,500円
♪第 4回2011年9月24日千葉・いんば学舎草深「kogmix和太鼓・篠笛コンサート1」…287,059円
♪第 5回2012年9月22日千葉・いんば学舎草深「kogmix和太鼓・篠笛コンサート2」…271,500円
♪第 6回2013年9月21日千葉・いんば学舎草深「相川麻里子ヴァイオリンコンサート」…317,900円
♪第 7回2014年9月20日千葉・いんば学舎草深「小宮順子ソプラノコンサート」…328,000円
♪第 8回2015年9月19日千葉・いんば学舎草深「高木早苗ピアノコンサート」…352,600円
♪第 9回2016年9月17日千葉・いんば学舎草深「相川麻里子ヴァイオリンコンサート」…360,000円
♪第10回2017年9月16日千葉・いんば学舎草深「尾形祐香&高木早苗ピアノコンサート」…339,100円

カンボジア「希望の家」支援チャリティーコンサートVol.10 - 2017.09.16 Sat

2017希望の家チャリティーコンサート_convert_20170901071242
2017年9月16日(土)14時〜15時30分(13時30分開場)
いんば学舎・草深ホール 千葉県印西市草深怖録484−3 ※駐車場あり
大人:1500円 中学生以下:500円
お問い合わせ:NPO法人「カンボジアの子供の人権を考える会」事務局
℡ 0476-98-2486
t.kikuchi0127@gmail.com (菊地)
※このブログのメールフォームからも承っております。

<プログラム>
ショパン:ノクターンOp.48-1(高木)
ラヴェル:夜のギャスパール より「オンディーヌ」(高木)
シューマン:幻想曲Op.17 より第3楽章(尾形)
シューベルト:人生の嵐D947(連弾)

休憩(コーヒーチャリティ、いんば学舎のパンなどの販売etc…)
報告会

グラナドス:ゴイェスカス より「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」(尾形)
リスト:バラード第2番(高木)
ベートーヴェン:交響曲第7番 より第1楽章(連弾)

毎年恒例のカンボジア孤児院「希望の家」支援チャリティコンサートのお知らせです。10回目の今回は、尾形祐香さん(12月20日カワイ表参道ランチタイムコンサートに出演予定→カワイ表参道HP)をお迎えして、ソロ&連弾のコンサートです。緑深い自然の中にあるいんば学舎。連休初日の午後のひととき、ご支援・応援いただけましたら嬉しいです。東京方面からお越しの方は、最寄り駅からの送迎がございます。お問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。

ピティナ上野ステップ申込み開始 - 2017.09.04 Mon

12月26日(火)上野ポリフォニーステーション主催、ピティナステップの申込みが始りました。ショパンエチュードを含んだ10分までのフリーステップを優先しています。

ピティナ上野ステップ2017

アドヴァイザーには、山崎裕先生と私が入ります。山崎先生のワンポイントレッスン企画もありますので、ご参加お待ちしております。

新しい耳 第21回テッセラ秋の音楽祭 チケット販売のお知らせ - 2017.09.02 Sat

新しい耳テッセラ音楽祭2017_convert_20170902081336
新しい耳テッセラ音楽祭2017裏_convert_20170902081457

第1夜 2017/11/3[金・祝]16:00開演
共演:相川麻里子 (vn)重松希巳江 (cl) 植木昭雄 (vc)

〜世の終わりのための四重奏曲〜
ミュライユ : 別離の鐘、微笑み~O. メシアンの追憶に (pf)
ペルト : フラトレス (vn,pf)
メシアン :「幼子に注ぐ20のまなざし」 より 8 高き御空のまなざし (pf)
吉松隆 : 鳥が月の光を夢見る時に (cl,vc,pf)
(休憩)
メシアン : 世の終わりのための四重奏曲 (vn,cl,vc,pf)

ピアニストの廻由美子さんプロデュースの「新しい耳・テッセラ音楽祭」第1夜に出演します。チケットが販売になりました。新しい耳 公式サイト 

公式サイトからもお申し込みいただけますし、関係者の皆様は私に直接お声がけいただけましたら手配いたしますのでお知らせください。またこちらのメールフォームからも承っております。

2年前にソロで参加させていただいて、今回再び素晴らしい共演者と出演できることを嬉しく思っています。よろしくお願い申し上げます。(公演が近くなりましたらトップ記事に載せます。)

今年の夏 - 2017.08.31 Thu

明日から9月!早いです。コンクールシーズンもひと段落し、私なりにこの夏考えた指導についてのことを、まとめておこうと思います。

年初めの受験シーズンあたりから、生徒を見ていて特に思い始めたのが、表面上「他人との競争」と見えることでも、実際本人たちがやっていることは、厳しい状況の中、自分と作品にとことん向き合うことだけ、ということでした。この夏も、その思いを一層深めました。

「その人しか持っていないもの」を磨いて表現できているとパッと目立つ。人とは違うものを輝かせている・・・これがクリエイティブなのだと思います。

若いうちは「こうあるべき」という多くの人が価値とする道を目指しがちです。「どうやったら受験やコンクールに受かるのに有利な選曲・演奏なのか」というような「正解」を求める傾向があるように感じます。

もっと進むと「あの先生のところだと結果が出るらしいから行ってみよう」という発想に繫がる人もいるようです。レヴェルアップのための適正な時期に、先生をチェンジすることは必要と思います。でもこうした発想から出る先生チェンジでは、また同じことを繰り返すだけで、根本的な「自分育て」にはならないと感じます。

人と違うところって何だろう、自分しか感じられないものって何なのだろうか、自分しかできないことってあるだろうか・・・そう考えるきっかけや、今の自分を試してみる場のひとつに「コンクール」があると捉えてほしい、と願っています。コンクールを使っても使われない、というのはここにあると思います。例えば、評価が出なかったことに対し「それは自分の演奏・ステージでの表現が、秀でて目立つほど磨けていないのだ」と考えられるかどうか。通った人を見て「ああいう先生に付いて、ああいう演奏が通るらしい」(よく聞くセリフなのです)と言っている時点で「あなた自身にしかないクリエイティブな能力にもっと気づいて、プライドを持って」と思うのです。

コンクールの価値だけでは計れない能力もあります。文章を書く力、喋るスキル、人脈を広げられる社交性、とことん粘り強い性格、企画力etc・・・色々な角度から「自分しかできない、自分しか興味を持っていない」ところを磨いて音楽へ貢献していくことが、その人らしく表現者として生きることなのではないか・・・と。

音大や音高の中での「なんとなくこういうところに居られればカッコいい」という不文律(大抵は成績やコンクール歴でしょうか)もあると思いますが、その王道をカッコ良く?!行けるのは数名です。その数名も、更にレヴェルアップするところで、こうした問題に直面する時期がくると思います。「自分しかできない表現・感覚」を磨くところへ、関心が向けられるかどうか。認めたくない現実や、自分が今まで思い描いてきた目標と折り合いを付けなくてはいけないなど、痛みを伴うこともあるかもしれません。でも、それを受け入れて、新たな視点を磨くことを面白いと感じられるならば、表現者としての第一歩なのだと思います。

日々出会う出来事や人との中で、「感動」「気になる」「好き」なことをがあれば、それが道標になっていくと思います。他の人が良いと言っているものを必ずしも「良い」と感じなくていいのだし、その人にしかない感性を形にすることに集中できたら、他人と比べて自分を卑下したり上げてみたり、ということに必要以上にエネルギーを注がずにすむのではないか、と思うのです。

平たく言えば、”そこらへんに沢山いる似た雰囲気の、似たような道を目指すピアノをやっている子” からどうやったら抜け出せるのか。自分に気づき、自分の演奏ブランドを立ち上げる意識を、若い人には積極的に持ってほしいです。生徒自身の「感性磨き」への通過点として、コンクールをサポートしたい、と強く思った夏でした。

コンクールと共存し、自分なりの指導ができないだろうか、と模索が続いています。コンクールを否定することは簡単です。でも個人の力では到底できない環境が整われ、厳しい緊張感で育まれる有益なこともあります。小さな頃からコンクールを経験している生徒が増えている現実の中で、どうやったらいいサポートができるのだろうか、と日々考えています。

まだ語れるほど経験もキャリアもない40代半ばと自覚しつつ、少し青臭い文章になってしまいましたが、備忘録として書きました。数年後の私が読んだらどう思うのかな・・・という関心もあります。

鹿児島お墓参り旅 - 2017.08.27 Sun

今年の夏休みは義父のお墓参りをしに、24日から2泊3日で鹿児島へ行って来ました。5回目の鹿児島です。

室戸岬_convert_20170827083356

行きに見えた室戸岬。往路の飛行機から11月に弾くメシアンの関連本を読み始めました。

知覧特攻平和会館_convert_20170827083238

レンタカーを借りて知覧へ。1度は訪れておきたい場所でした。沖縄戦の折、知覧から旅立った特攻隊の人たちの写真と遺書などが中心に展示されています。若い人たちが(最年少は17歳だったそうです)ここからどんな思いで旅立ったのか…。生まれた時代や国によって選択肢のない人生を送らねばならなかった多くの人々、また、今の平和と自由を享受できるのはこうした人々の礎にあることを、次世代へ繋いでいきたいと思った時間でした。メシアンの収容所での話を読んでいたこともあり、第2次世界大戦の傷跡を見聞する日となりました。

ちょうど平和会館に入った頃に震度4の地震。建物が大きく揺れて停電に。建物外へ避難して一時騒然としましたが、すぐに復旧し、その後は何事もなく見学できました。

入来お昼ご飯_convert_20170827083546

翌日は、今回のメインイヴェントである義父のお墓参りです。正式な1周忌は2ヶ月前にあり、その日はどうしても仕事の都合が付かず同行できなかったので、この時期の訪問となりました。到着した頃に大雨になって「ここまで来てお墓参りできない?!」と不安になったのですが、しばらくするとすっかり晴れて、無事にお墓参りできました。その後は、近くに住んでいらっしゃるご親戚のお宅で、皆さん集まってくださりお昼をごちそうになりました。鹿児島の味付けは甘め。郷土の味が好きだった義父を思い出します。

京セラホテル@鹿児島_convert_20170827083422

今回の宿はホテル京セラ。温泉があって気持ちよかったです。レンタカーでの移動だったので、拠点として便利でした。夫はレンタカーが、偶然大好きなス◯ルの新車種だったので大喜び。

ホテルからの桜島_convert_20170827083626

ホテルからは桜島が見えました。鹿児島のシンボル。

ホテル夕飯_convert_20170827083712

ホテル内の和食処での夕飯。芋焼酎も楽しんできました。鹿児島をゆっくり観光することが少なかったので、これからはお墓参りを兼ねて色々巡ってみれたら、と思っています。足を伸ばして屋久島や奄美大島にも、いつか行ってみたいなぁ。

2017ピティナ全国決勝大会E級審査 - 2017.08.23 Wed

この1週間程は、アクティブ。教員免許講習@学芸大学、両親&姉の来宅、そして20日、21日はピティナE級全国大会@王子ホールでの審査でした。

2017ピティナE級全国大会_convert_20170823071735
36人の高1以下の方々の演奏を聴きました。持ち時間が長くなり、4曲それぞれの仕上がりに加えて、プログラム全体の印象も大きいです。全国の優秀な若い人たちの演奏を、興味深く聴きました。まだジュニアの香りのする人たちと、すぐにF級やG級につながっていきそうな人たちが混在しているカテゴリ。それぞれの成長過程・目標があってこのE級を選び、参加したと思います。次へ繫がっていくことを応援する気持ちで、審査をしていました。

今回の審査では、都芸の大先輩の先生、お仕事やステップでお世話になっている先生、大学時代の和声の先生、いつも友人・知人からお話を伺っていた先生など、素晴らしい先生方とご一緒させていただきました。緊張もしましたが、和やかな時間もあり、1日半を有意義に過ごさせていただきました。又、数年前、新曲2次実音審査で担当した「リズミックダンス」をコンペの場で聴けたり、E級の前に同じ会場でF級審査をしていらした師匠とすれ違いでお目にかかれたり…嬉しかったです。

2017ピティナ全国大会プログラム_convert_20170823071823
全審査が終わってからいただいプログラム。別会場のヤマハホールでは、D級で中学生の生徒2名がお世話になっていました。暑い中、レッスンと練習に励んだ2人。今回は審査が重なり聴きにいけなかったのですが、舞台で出し切った清々しい気持ちが伝わるメール報告を受けていたので、それが何より嬉しく思いました。2人揃ってのベスト賞、おめでとう。また、一緒に指導いただいた大久保みゆき先生、小林真子先生にも感謝です。

今回、この前の発表会に生徒さんを出してくださった千代田支部の大嶺先生・山崎先生&私のところから、D級全国大会に6人集中しました。その中の数名と弾き合いをさせていただいたのも、生徒の励みになったようです。大嶺先生、山崎先生とは指導している生徒の年齢層がかぶっていることもあり、いつも刺激をもらっています。今年は都合が重なり、表彰式に伺えず・・・生徒さんたちからの笑顔の写真で、雰囲気を味わいました。

来年の特級ファイナルはサントリーホール(大)での開催だそうです。凄い!

レッスンと練習と・・・  - 2017.08.17 Thu

ホールレッスン以外は、家籠もりの今日この頃。進路相談や他の先生の生徒さんの単発レッスンなど、いつもとは違う動きがあるのもこの時期です。
生徒たちも音楽祭や他の先生の勉強会、コンクールへの参加など、刺激を受けている様子。
・・・という自分のピアノは、レッスンで精一杯になってしまう日も多く(反省)。連弾の合わせも始まったので、秋のコンサートへ向けて、この期間にもう少し形にしたい!
まとまった夏休みはもう少し先。先週末・三連休の1日は、都心へランチへ出かけました。いい気分転換になりました。
ランチシャンパン_convert_20170816073512

ピティナ京都E級本選審査など - 2017.08.02 Wed

7月30日はピティナ京都E級本選の審査でした。D〜F級を受ける小学校高学年〜高校生の演奏は、ジュニアからどのように大人になっていくか、興味深いです。今回、予選から本選へ「間に合ってない」という演奏が少なく、予選曲と並行して準備されていた方が多かったように思いました。お勉強との両立も大変な時期と思いますが、作曲家の世界観も多種多様になり一層面白くなってくるカテゴリ。ここから、また上の級へ繫がっていく人が多く出ることを願っています。

京都ホテル_convert_20170802085844
泊まる所はこだわらない性分だったのですが、ホテルがいいと疲れが違うと感じる今日この頃。今回は早割で自分で取ってみました。かなりお得に泊まれて、このサイズのベット。新しい和モダンのホテルで、外国の方が多く宿泊されていました。今度は観光で来てみたいです。

ピティナ2017G級2次_convert_20170802102129
翌朝早めに京都から移動し、午後はこちらへ。2つのグループを聴きました。前日のE級審査で感じたことを、整理できた時間でもありました。

美味しい_convert_20170802085816
夜は、親友あき・まりと延び延びになっていたご飯会。美味しく楽しい時間から、エネルギーチャージしてもらいました。
Instagram@sanaeklavier

勉強会、講習など - 2017.07.28 Fri

苗の勉強会2017年7月24日_convert_20170728091719
7月24日午前中は、ゆめりあホールで勉強会でした。本番前の生徒たちの弾き合い会。私がこうした勉強会をやるのは、ドイツでの体験が元になっています。レッスンで曲の目処が立ってくると先生から声がかかり、大学内のコンサートで弾くチャンスを頻繁にもらえたことが、レパートリー作りに役立ちました。また、広い空間で普段とは違うピアノで弾く、ということに慣れてほしい目的もあります。まずはこの勉強会で出してみる。そして、少しづつ大きなところへも出して行く、という場になれれば、と思っています。


25、26日は昨年に続いて、教員免許講習@武蔵野音大。今年から新しくなった江古田キャンパスは、ピカピカでモダンです。学食もカフェのようで、2日間楽しみました。今回は音楽選択科目で、歌曲伴奏とパーカッションアンサンブルを受講。歌曲伴奏ではリヒャルト・シュトラウスの「チェチーリエ」を見ていただき、個人レッスンが受けれて充実です。パーカッションの授業では、こんなこともやりました。この動画は特に素晴らしいですが、これに近いことを1時間くらいで初対面の先生たちとチームで創るのです。しかも暗譜…体と脳とフル回転で、やり遂げた感はかなりありました。面白い体験でした。

ボディーパーカッション「Rock Trap」



27日は総芸の体験入学で中学生6人をレッスンしてきました。最近、先輩や同級生に会うと「総芸ってどんな学校?生徒が関心あるのだけど…」と、ピアノ科以外の先生からも聞かれることが増えてきました。その時おすすめするのが、この体験入学です。春に総芸HPに詳細が出ますので、ぜひチェックしてみてください。

今峰先生リサイタル2017_convert_20170728091009
体験入学が終わった足で、日本に帰国していらっしゃる今峰先生のレッスン聴講へ。生徒3人がレッスンを受講し、私も毎回ながら表現のアイディア・方向性を示していただいて勉強になりました。その後は、恒例のご飯でまたまた話は尽きず。先生は冬にもいらっしゃる予定で、東京では12月22日に白寿ホールでリサイタルをなさいます。シューベルト、楽しみ過ぎます。

希望の家チャリティーコンサート_convert_20170728091833
チラシが届いたので宣伝。9月16日に、10回目の希望の家チャリティーコンサートがあります。今回は、生徒OG尾形祐香さんの共演で、連弾&ソロのコンサート。生徒との共演は初めて。現役藝大生に負けないように練習します。また近々トップ記事に乗せます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。
参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier
Instagram@sanaeklavier

★TACT Piano Master Class ★

予定:10/1、11/12、12/3 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分☆クラス概要問い合わせ

第21回「新しい耳」テッセラ秋の音楽祭第一夜

2017年11月3日(金・祝)16時〜サロンテッセラ(東京・三軒茶屋)

共演:相川麻里子(Vn)、重松希巳江(Cl)、植木昭雄(Vc)

ミュライユ : 別離の鐘、微笑み~O. メシアンの追憶に (pf) ペルト : フラトレス (vn,pf) メシアン :「幼子に注ぐ20のまなざし」 より8 高き御空のまなざし (pf) 吉松隆 : 鳥が月の光を夢見る時に (cl,vc,pf) メシアン : 世の終わりのための四重奏曲 (vn,cl,vc,pf)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2017年12月10日(日)筑西冬季・詳細

スピカコミュニティプラザ 多目的ホール(茨城県筑西市)

筑西ステーション

ピティナステップアドヴァイザー

2017年12月26日(火)上野12月・詳細

台東区ミレニアムホール

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会

2018年1月26日(金)18時〜

ピティナステップアドヴァイザー

2018年1月28日(日)横浜北・詳細

フィリアホール(横浜)

横浜たまプラーザステーション

Instagram

希望の家チャリティーコンサートVol.10 終了

2017年9月16日(土)千葉・印西

いんば学舎草深ホール

共演:尾形祐香(Pf)

生徒勉強会 終了

2017年7月24日(月)

生徒勉強会 終了

2017年7月18日(火)16時〜

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2017年6月17日(土)群馬

PTNA課題曲アドヴァイスレッスン 終了

2017年6月4日(日)チラシ

スタジオ1619- 西武線 新桜台/全日本ピアノ指導者協会・千代田支部

生徒発表会 終了

2017年6月3日(土)

保谷こもれびホール(西東京市)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

出張レッス 終了

2017年5月13(土)、14日(日)鳥取・倉吉

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体