FC2ブログ
topimage

2019-04

お知らせ - 2019.04.05 Fri

長い間「メロディーボックス」を読んでいただき、ありがとうございました。

この度、Web Site へ切り替えることにしました。

引っ越し先のアドレスです→ https://sanaetakagi.com

登録いただけると嬉しいです。

新たなサイトも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

桜の季節 - 2019.03.29 Fri

桜の季節がやってきました。
桜イラスト_convert_20190329075156
(写真がなかったので、無料イラスト素材から拝借)
卒業・入学を迎える皆さんにとって、素晴らしい門出になりますように

いくつかお知らせです。

◯ 4月 5日(木)新しいホームページの公開日です。

◯ 7月25日(木)夏休みに入ってすぐの時期に、<10代のレッスン会vol.3> ミュンヘン音大教授・今峰由香先生アドヴァイスレッスンを行います。昨年と同じくリハーサル形式のレッスンで、受講生は定員になっていますが、今回は公開枠を設けて聴講できるようにしたいと思っています。また詳細など決まり次第、新HPでお知らせします。

日曜日の本番の日まで桜が見頃だといいなぁ  バレエ教室の皆さんと、いいステージを創ってきたいです。

Classroomニュース - 2019.03.18 Mon

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2019年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスンのご案内 - 2019.03.15 Fri

今年も、5/19(日)にピティナ課題曲アドヴァイスレッスンを行います。本番へ向けて、見方や考え方のひとつのエッセンスになれれば、と思ってレッスンしています。受講生を募集しておりますので、ご関心ありましたらぜひよろしくお願いします。

日程 2019年5月19日(日)
会場 スタジオ1619(西武線 新桜台駅徒歩1分)
★30分 8,640円
★45分 9,720円
★デュオ 30分 10,800円

《お申し込み》
全日本ピアノ指導者協会・千代田支部 
㈱タクティカルフューチャーデザイン
FAX  03-6733-8571
E-mail info@tact-fd.com
担当  庭山様

受講者氏名
指導者名
住所
電話番号
E-mail
受講級
受講曲
備考

※現在師事されている先生の許可を受けてお申し込みください。

倉吉ステップ 終了 - 2019.03.11 Mon

鳥取倉吉ステップ

鳥取倉吉ステップから帰宅しました。今回も三好芳子先生率いる、まなたんステーションの先生方にお世話になり感謝です。また、アドバイザーの先生方とも楽しい時間を過ごさせていただきました。1日長丁場でしたが、印象的な演奏にも出会え、充実したステップdayでした。

4日前にウィルス性の胃腸炎になり…薬を数日服用してステップ当日には回復してくれてセーフ。暖かくなってきたとはいえ、ウィルスには警戒がいることを痛感しました。

そして初・大嶺先生との連弾トークコンサートには、終わった後に温かいコメントをいくつもいただいて嬉しかったです。またどこかで出来たらいいなぁ。2人とも、リトルピアニストの靴で演奏しました(写真左下)。

倉吉は毎年レッスンにも伺っていて、すっかり私の中でお馴染みの場所になっています。美味しい空気を吸いリフレッシュにもなりました。

次は本番は、月末のバレエとのコラボ。ソロでショパンのバラード第1番も弾かせていただきます。大ホールでの演奏なので、楽しみです。

「A light blue link」Youtube upなど - 2019.03.05 Tue


作曲家 西田直嗣さんのピアノ作品で私が弾いた「A light blue link」がyoutubeにアップされました。1998年頃、サントリー・ブルーローズでの演奏です。(曲解説は西田さんのブログをどうぞ→A light blue link

無調で抽象的な水の絆の世界。この曲について、西田さんが教鞭をとる群馬大学に提出する共著の論文を書きました。とにかく譜読みが大変だったと書いて、西田さんが渋い顔をしていたのを思い出します。


2010年の西田さんの作品「Jewelry box」。私のリサイタルに委嘱して書いていただきました。こちらは調性があり、現在、西田さんが多く手がける歌曲作品のテイストがあります。聴き並べていただくと、作曲家の軌跡の一端が感じられると思います。

2019:3:10 倉吉トークコンサート
今週末のトークコンサートの合わせも進んでいます。ローゼンブラットでは、私が大嶺先生を被ります!

3/31にある和井内玲子先生のバレエ教室との合わせも始まりました。教室の子供達はみんな可愛いです。10年前にも1度お世話になったことがあり、その時まだ小さかった生徒さんが、今は総芸の舞台表現科にいると聞いて嬉しくなりました。

ちょっと先の話ですが、今年のポリフォニーステップは12/26に保谷こもれびホール・メインホール(西東京市)での開催を予定しています。ミレニアムが取れにくくなっており、でもやっぱりこの時期にショパンエチュード企画をやりたいよね、という話になり場所を変えて、となりました。スケジュールに加えていただけると嬉しいです。

「10代のピアノを考えるレッスン会」、今年は7月と11月、2つ予定しています。もう少ししてから詳細を出す予定です。4月初旬に新たなホームページが出来る予定なので、その時に7月の詳細は出せたら、と思っています。

コンサートへ行く、など - 2019.02.14 Thu

レッスン&練習の日々です。

3/10(日)倉吉ステップ・トークコンサートの曲目がピティナのサイトで公開になりました。大嶺未来先生との連弾で20分のコンサートです。ロシアもの、ずらり。合わせが楽しみです。

◯ストラヴィンスキー:ペトルーシュカより「ロシアの踊り」
◯チャイコフスキー=ラフマニノフ:眠りの森の美女より「ワルツ」
◯ローゼンブラット:「2つのロシア民謡の主題によるコンチェルティーノ」

クルレンティス

昨夜はサントリーホール、こちらの公演へ。昨年のザルツブルク音楽祭で話題となった、テオドール・クルレンツィス指揮・ムジカエテルナのコンサート、オール・チャイコフスキー・プロ。新聞でインタビューを読んでチケットを購入、私と同じ年生まれの指揮者、という点も行きたくなった理由でした。東京の3公演のチケットはSold out。

細胞が喜んでいて、今日もまだ余韻が消えないです。多く言葉にすると違うニュアンスになりそうで、説明しにくいのですが、思考のレヴェルで聴かない音楽とはこんなに気持ちいいのか、と思う体験でした。サウンドをここまで昇華していくには、どれだけのプロセスが重ねられているのか、想像を超えます。(Amazonで、マーラーの6番の新譜を試聴できます。)

今日は、ホームページを作っていただくため、打ち合わせに行ってきました。ここ数日は、素材となるデータ作りもしていました。出来上がりましたらお知らせします。

楽しい時間 - 2019.02.04 Mon

元気な食卓

先日、元生徒の 石倉さん(組んでいる連弾ユニットのかっこいいYoutube。プリモが石倉さんです。) と 三河君(彼は元ピアノ科のチェリスト。カーソル一番下へ、プロフィールがあります。) が遊びに来てくれました。グルテンフリーでおもてなし、パンやコロッケの衣は米粉です。石倉さんはバークリー音大を昨年卒業して帰国、アーティストとしての一歩を踏み出しました。三河君は大学卒業1年目、演奏活動や仕事の場を広げています。宴の後半はレッスン室へ。石倉さんとジャズアレンジの伴奏を弾いてもらって連弾、三河君とアルペジオーネソナタなどを弾いて遊び、至福の時間でした。

曼荼羅美術館

かねてから行きたかった、練馬高野台にある曼荼羅美術館へ行って来ました。真言宗・密教の世界観を、曼荼羅絵や梵字(サンスクリット)で拝見。よく散歩に行く石神井公園・三宝寺池の三宝寺も真言宗と知りました。開祖の空海が弘法大師であることさえ最近まで知らなかったという無知さだったのですが、俄然、興味が湧いています。母方の祖父母も眠っている真言宗の聖地・高野山へ、いつか足を運んでみたいです。

先週は、本番を控えた生徒たちの勉強会を大泉学園・ゆめりあホールで行いました。健康に気をつけて、更に磨きをかけていってほしいです。

最近のこと - 2019.01.23 Wed

苗の勉強会2019:1:12

1/12(土)に勉強会をしました。12名が参加(小/2名、中/2名、高/7名、大/1名)。最近の生徒の傾向は、男子が数年前は1人だったのが5人に。あと、普通高校に通いながら音大を目指す生徒が増えました。生徒さん同士、声を掛け合ったり交流もあるようで、時々お互いの演奏を聴き合うことで切瑳琢磨してくれたら、と思います。来週、もう1回予定しています。

前回記事の4/29(月・祝)ピティナレッスン見学、定員に達しました。ありがとうございました。当日は、バッハ:インヴェンション・シンフォニア・平均律 & エチュード(ツェルニー、ショパン)を中心に、小・中・高校生の普段のレッスンの様子を見ていただく予定です。主に、音以外のインフォメーションをどう読譜していくか(アナリーゼ、パッセージ、インスピレーション等)、私なりのやり方をご紹介できたらと思っています。

1/20(日)、タクト大宮教室がスタートしました。大宮は空きがないのですが(単発レッスンOK)、新桜台のレギュラー生徒さんは引き続き募集しております。ご検討いただけましたら嬉しいです。

コンビ153

冬の旅2019:1:17

久しぶりにコンサートへ行って来ました。都芸先輩みきちゃんと同期良子ちゃんの2台ピアノコンビ153(2人の共通項の身長が名前の由来だそうです)。後半の「春の祭典」が特に聴き応えありました。プロコの6番ソナタのモチーフが聴こえてきて、ロシアの共通した何かの暗示なのかな、と思ってみたり。オケで聴いている時には気がつかなかったので、2台ピアノで聴く発見がありました。ストラヴィンスキー、いいなぁ。アンコールは、今度3月のトークコンサートで私もやるローゼンブラット。練習しなくちゃ、と現実に引き戻されました…

前回は2017年に聴きにいったシューベルト「冬の旅」。今回は、この本→「冬の旅」で感動していたイアン・ボストリッチの歌で聴きました。70分、えっもう終わり?というくらい、引き込まれました。それにしても、斬新で奇妙な作品だと思います。「わかる」という感覚に至るには何度聴いたらいいのだろう・・・でも、また聴きたくなってしまう。今回のピアノは、サスキア・ジョルジーニという女性で、若々しい柔らかな感性と弱音のしなやかさのコントロールが絶妙でした。ヨーロッパの若いピアニストの層の厚さを感じます。

昨年12月から、ずっと気になっていた弱点を見直したくて、新たなことを習い始めています。一昨年からジム、昨年はオンライン英会話を始め、この2つもままならないのに、また増やしてしまいました(現在、ジム続行、英会話ストップ・汗)。でもやっぱりどうしても「今(カイロス)」なのでは、と。しばらく修練の日々です。

ピティナレッスン見学のご案内 - 2019.01.10 Thu

ピティナレッスン見学

4月29日(月・祝)、ピティナ主催「レッスン見学」のご案内です。2時間のレッスン見学→30分のディスカッションになります。小学校高学年〜高校生のモデル生徒のレッスンをする予定です。(チラシには講師自宅とありますが、私のレッスンは練馬区のスタジオ1619で行います。)10代のピアノ育成を考える機会になれば嬉しいです。

1月14日(月・祝)正午より、お申込みいただけます。
詳細→ピティナレッスン見学※定員になりました。ありがとうございました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY