topimage

2017-03

今年の受験〜リラックスの時間 - 2017.03.22 Wed

生徒たちの受験が終わり、リラックスした時間も過ごしています。今年の受験は、音中1名、音高1名、音大2名の4名。長く通ってきてくれていた生徒たちだったので、全員第一志望に決まり嬉しくそしてホッとしました。今回印象的だったのは、人が伸びる時期はいつ来るかわからない、ということ。受験直前で、何段もの階段を登った生徒もいました。

生徒たちの受験を見ていると、いかに人との競争ではなく自分との闘いであるか、教えられます。音楽が表現されたがっていることに耳を傾け、自分の弱点に何度も向き合うことは、忍耐や痛みを伴います。内面の闘いに集中しきれるかどうか、そのしんどさや不安に耐え勇気を持って一歩を踏み出せるかどうか・・・私の想像を超えて、自分の音楽を自分の足で歩んでいく生徒たちの成長を側で見れることが、この仕事の一番の醍醐味、と感じます。

受験が終わったとはいえ、ピアノ道は変わらず続きます。新たな環境の中で、様々な音楽の面白さ・楽しさを、思いきり味わってもらいたい、と願っています。

未来ちゃん宅にて_convert_20170320172347
先週は楽しいことも。大嶺未来先生宅へ飯野明日香先生がレッスン室拝見へ行きたい、というのを口実にお邪魔し、私も混ぜてもらっての昼飲み宴会。明日香は3枚目のCDレコーディングを終え、未来ちゃんは沖縄ステップから帰ってきて一息ついたところ、そして私は受験が終わった〜、と3人でお疲れ様会になりました。私は未来ちゃん宅のワンコ・まろん嬢にメロメロで、迷惑顔されてもなんのその、抱きしめておりました。ワンコ飼いたいなぁ。

未来ちゃん宅宴会_convert_20170320172422
食卓には、ポーランド料理のビゴスなど未来ちゃんの手作り料理、&明日香と私の持ち寄り品が並びました。こういう時間はホント楽しい。お土産には、ポーランドのドーナツ、ポンチキを戴きました。喋って食べて飲んで・・・その日はぐっすり眠れました。

西武マルシェ_convert_20170320172118
地元の近くでマルシェがあったので出かけてきました。最近、練馬区はマルシェを所々でやっている様子。午前中から大盛況。時々買いに行く「東京ワイナリー」さん(都内唯一のワイン醸造所。添加物の少ないワインを日本の葡萄を使って造っています)も出品していました。地元野菜やお惣菜など、お手頃価格で買えます。

ルリビタキ_convert_20170320172211
帰りに私のパワースポット・石神井公園へ寄る。受験期間中も時々散歩に来ました。この前は、ルリビタキ(雄)に初めて遭遇。ここで見られるのは珍しいそうです。名前の通り、瑠璃色が綺麗でした。

那須旅行2017早春 - 2017.03.13 Mon

この週末は少し早めの春休みで、那須へ温泉旅行に行って来ました。那須高原はまだ寒かったですが、雪も少なく快晴に恵まれました。

福島・ブリュッケ
福島へ足を伸ばして、珈琲店・ブリュッケさんへ。ブリュッケはドイツ語で「橋」という意味。橋本さんご夫妻がやっていらして、色々とお話させていただき楽しい時間でした。

福島・ラヴェンナ
ブリュッケさんから紹介されて、福島県白河にある豆売り専門の珈琲店・ラヴェンナさんへも立ち寄りました。試飲をさせていただいて、すっかり長居。この2店で購入した珈琲豆で、しばらく楽しめそうです。

藤代清治美術館_convert_20170313145757
那須では、藤城清治美術館へ。入口の猫ちゃんと一緒にポーズ。16年前に参加した「ピアノで奏でる日本の抒情歌」のジャケットが、藤城清治さんの影絵だったのです。その時に初めて藤城さんの世界観に触れて、いつか他の作品もまとめて見てみたい、と願っていました。92歳になられる今も現役だそう。どの作品にも「森羅万象」が感じられ、ピアノや音楽がモチーフになっている作品も多数ありました。生きることへそっと後ろから押して助けてくれるような絵の数々に、心豊かになりました。

那須のご来光_convert_20170313145729
那須のご来光。美しかったです。この日は雲がなくて、山々の色のコントラストが刻々と変化する様子に見とれました。

卒業生の演奏会ご案内〜 関口晴菜さん - 2017.03.09 Thu

東京音大卒業演奏会チラシ_convert_20170309122702

卒業式シーズン、梅の花が綺麗です。

総芸1期生の卒業生、関口晴菜さんが東京音楽大学ピアノ科成績優秀者による卒業演奏会に出演します。13日(月)東京音楽大学100周年記念ホールにて、10時開演(9:50開場)、晴菜さんは3番目の出番で、カール・ヴァイン:ピアノソナタ第1番第1楽章を演奏するそうです。

4年間を充実して過ごしてきた集大成の演奏会。お時間ございましたら、ぜひ応援いただけたら嬉しいです。

エール管弦楽団(桐朋学園大生によるオケ)演奏会@第一生命ホール - 2017.03.06 Mon

昨日はこちらへ。1週間に2回目の第一生命ホールです。
エール管弦楽団 チラシ_convert_20170306100727
桐朋学園大生によるオーケストラの演奏会。第1部に、プライヴェートの生徒さんで今も時々演奏を聴かせてくれる田中真緒さん、そして総芸で担当していた村山愛也佳さんがコンチェルトソリストとして出演していたので聴きに行って来ました。2人とも桐朋学園大学の4年生、もうすぐ卒業です。

4年前、受験を共に頑張った2人が立派にソリストを務めていて感無量。大学時代を有意義に過ごしたのが伝わる演奏でした。真緒さんはグリーグでダイナミックな情熱を、愛也佳さんはラヴェルの躍動感を表現していて、多くの席で埋め尽くされていたホールのお客様から温かい拍手が送られていました。2人はオーケストラの運営事務局も兼ねながら、この日を迎えたそうです。エール管弦楽団はさすが桐朋学園の皆さん、響きが美しく瑞々しい演奏でした。
with_mao&ayaka_convert_20170306100704
成長した2人との写真。素晴らしい経験をさせてもらってよかった!若い人が頑張っているエネルギーに、帰り道はまたまた泣きそうな気持ちになりました(最近、益々涙もろくて困ります…)。学生さん達が自主的に運営している点も、コンサートに前向きな力を感じた演奏会。これからも頑張ってほしいです。エール管弦楽団HP

ピティナ創立50周年記念パーティ&シンポジウム - 2017.03.02 Thu

ピティナ50周年プログラム_convert_20170302080010
ピティナ創立50周年記念パーティ@池袋・メトロポリタンホテル。上野ポリフォニーステーション代表として参加して来ました。全国から沢山の先生方がお祝いに駆けつけていらっしゃいました。普段なかなかお目にかかれない先生方・関係者の方々ともご挨拶。千代田支部の若い先生方ともご一緒させていただきました。そんなこんなで話に夢中で、皆様との写真を撮り忘れ… ご挨拶したいと思っていた先生方を見失ってしまう程の盛況ぶりでした。

ピティナ50周年お菓子_convert_20170302075834
帰りに記念品と共にいただいたアンリ・シャルパンティエのお菓子は、パッケージがピティナ仕様。冊子にはこれまでのピティナの歩みが書かれていて、審査やアドヴァイザーの他にも、課題曲CD録音、新曲事業、学校クラスコンサートなど、ピティナと自分の歴史と重ねて拝見しました。

ピティナ50周年シンポジウム_convert_20170302080041
翌日は、第一生命ホールでの審査員・アドヴァイザーシンポジウムに登壇者として参加。江崎光世先生からはコンペ、林苑子先生からはステップについてのお話があり、菊地裕介先生と私は経験から感じていることなどを随所に話す、というスタイルで行われました。

コメントについての書き手と読み手のコミュニケーションのあり方、フリーステップの印象表記について等、考える機会となりました。100人の先生方がいらしたら100通りのスタイル・考え方があるわけで結論は出ないのですが、こうして意見交換して行くことで、コンペやステップのマイナーチェンジを繰り返し、より成熟したものへ繫がっていくのだと感じます。このシンポジウムの様子は、審査員・アドヴァイザーの先生方に配布される予定で、その中で、また意見交換を募っていくそうです。

審査員・アドヴァイザー連絡会2017_convert_20170302002050
ピティナとは留学から帰ってまもなくの頃、演奏で関わらせていただいたのがご縁で、その後、指導の仕事にも携わらせていただくようになりました。お世話になり始めてから17年、特に指導に関してピティナに育ててもらっているところは大きいです。それは、へこむことの方が多かったかもしれない。自分が考えているピアノの世界が全てではないこと、指導者としてのスキルには人間力が欠かせないこと、勉強し続けること…いつも考えるチャンスをもらっています。

今回、50周年にあたり、インタビューや行事に参加させていただき、ピティナでの様々なご縁を大事にしていきたい、と改めて感じました。まだまだ力不足ではありますが、指導に興味のある若い世代との連携も深めていきたいです。

冬の旅、マティス&ルオー - 2017.02.27 Mon

仕事の合間に、コンサートや美術展へ行って来ました。

冬の旅プログラム
「冬の旅」@浜離宮朝日ホール、マーク・パドモア&ティル・フェルナー。たぶん自分にとって、時折触れたくなる曲集なのだと思います。ミュラーの詩には、冬の氷や凍てつく寒さが内面の孤独と共鳴しつつ、燃えるような激しい感情との対比、鵜や犬などのモチーフなど、随所に暗示的なものを感じます。それに付随するシューベルトの不穏や不気味さ、この上ない慰めetc…奇才天才としか言いようのない独特な世界観。本を完読してから行けたらよかったのですがまだ途中。理解を深められたらと思っています。ティル・フェルナー氏の美音にも酔う一夜。

マティスとルオー
ルオーを生で多く見たことがなくこの機会にと思い足を運びました。「マティスとルオー」@汐留ミュージアム。2人の手紙の書簡と共に追って行く展示会。2人は共通の師、ギュンターヴ・モローのクラスで知り合い、亡くなる80代まで親交があったそう。ルオーをまとめて見れたこと、全く違う作風の2人の経緯を知れたのも興味深かったです。

力強いタッチ、何層にも塗られる色… ルオーの視点は、常に人間の孤独、痛みや苦しみに向けられていて、美しいものを美しく描くという枠から出ているところに圧倒されます。そういう意味では、表現の仕方に違いはあるものの「冬の旅」との共通点も感じました。

マティスと
マティスのモデルさんになれるコーナーがあり記念に1枚。マティスが晩年に内装を手がけた南仏ヴァンスにあるドミニコ修道会のロザリオ礼拝堂には行ってみたくなりました。

旧新橋駅
ミュージアムの横は、旧新橋駅の跡。鉄道の歴史が始まった「O」地点には、当時使われたレールもありました。

仕事の方では新たなことも始まっています。今年、ピティナで委員会の仕事をすることになりました。まだ慣れないことも多いですが、少しでもお役に立てるように勉強していきたいです。

ピティナステップ柏崎2017 レポート - 2017.02.20 Mon

柏崎ステップから帰って来ました。

柏崎2017
4度目の柏崎。朝、ホテルからの雪景色です。この日は晴れたり吹雪いたり。着いた日は雪が舞っていて、ホテルの前で尻餅凹を。衣服もそれほど汚れず大事には至りませんでしたが、少々焦りました(汗)。その日の夜は、ホテルの食堂で名物・鯛茶漬けをいただきました。

柏崎2017 ステップ会場
前回に続き素晴らしい柏崎市文化会館・アルフォーレでのステップ。1000席以上の大ホールにスタインウェイのフルコンが入っています。

参加した皆さんの演奏は、伺う度にレヴェルアップ。とても印象に残る演奏も聴けました。音楽を専門に志してほしいと思わせてくれる原石のような子供さんたちもいて、このアルフォーレで弾いた経験が次へ繫がるといいなと思います。今日のステージを目指しての皆さんそれぞれのプロセスに「物語」を感じた1日でした。

トークコンサートは、1度やってみたかった<夜空シリーズ>。星や月の満ち欠けを見るのが好きで、音楽版プラネタリウムをイメージしてプログラミングしました。ノクターンop.48-1とパルムグレンは初めて舞台にかけた曲。自分で納得できる演奏をするというのは難しい… 言葉⇔演奏の集中切り替えも進化したいです。次回は5月沖縄でのトークコンです。コンサート含め、細かな気遣いをしてくださったわたじん楽器の皆様、お世話になりありがとうございました。

えちごん_convert_20170220075439
帰りの柏崎駅にて、えちごん発見。アドヴァイザーをご一緒させていただいた三好のび子先生、上仲典子先生とは帰りの道中もご一緒させていただき、指導や演奏など色々なお話を伺えて、気づいたら大宮駅でした。話題の本「蜂蜜と遠雷」をお2人の先生は完読されていて、その話も面白かったです。私は電子書籍にダウンロードしてあるもののまだ読んでいないので楽しみ。今回の行きの道中では、電子書籍で読みかけだった心理学系の本を1冊、&佐藤優さんと灘高校の高校生による対談本「君たちが知っておくべきこと」に入りました。これ読んでいると、自分の頭で考える為にはいかに豊富で幅広い知識・教養が必要なのかを感じます。経済や政治の話になると付いていけてない所もあって、一般教養も少し勉強しないとなぁ… たまには興味以外のジャンルの本も取り入れよう

ピティナステップ柏崎・トークコンサートのお知らせ - 2017.02.13 Mon

レッスンと練習、資料の準備など。今週末の日曜日は、新潟県柏崎市文化会館、アルフォーレ大ホールでのピティナステップへ、アドヴァイザー&トークコンサートで伺います。トークコンサートは13時〜、プログラムは次の予定です。お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

<ピアノで奏でる星・月・夜の物語>
パルムグレン:3つの夜想的情景より「星はまたたく」Op.72-1
吉松隆:プレイアデス舞曲集Ⅲより「多少華やかな円舞曲」
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
ショパン:ノクターン Op.48-1

ショパンのノクターンOp.48-1に、震えるような凍てつくような孤独を感じています。今読んでいる イアン・ボストリッジ著「冬の旅」 もしかり。

少しでも思い描く感覚を音に近づけたいです。

11月リサイタル批評&新年会 - 2017.02.03 Fri

掲載雑誌
昨年11月リサイタルの批評が、雑誌「音楽の友・1月号」(上田弘子氏)、「ムジカノーヴァ・2月号」(柴田龍一氏)に掲載されました。「音楽の友」に載せていただいたのは初めてです。まさか載るとは思ってもみなくてチェックしていなかったら、友人から「出てたよ」と教えてもらって確認した次第…そんな訳でお知らせが遅くなりました。二誌の批評を読み、大きな励みを頂きました。ありがとうございました。リサイタル演奏のいくつかはYoutubeアップの予定で、あとは文字作業を残すのみ。これがまだ遅々として進んでおらず…最終確認をして春までにはアップしたいと思っています。

音友の1&2月号では、ディアベリ50の変奏曲についての記事がありました。グットタイミング!先日の会で弾いた自作アレンジについても、いつか書きたいなぁと思います。他のベートーヴェンに関する記事では、都芸出身のライターさんのお名前を発見。ここでは(2月号)、ベートーヴェンとバッハの平均律1巻ロ短調との関わりについて書かれていて、こちらも師匠の演奏で感動したところ!興味深く読みました。

千代田支部新年会
先日、ピティナ千代田支部の新年会がありました。支部長の庭山さんのお声がけで、20名以上が集まりました。ピティナ本部の堀さん、ピアニストの靴を専門に扱うLittle Pianist代表・倉知さん、そして普段からお世話になっている大嶺先生と。

IMG_0995.jpg
ちょうど本番用のいい靴がないか探していたところ。40過ぎた辺りから普段の靴選びも難しくなっていて、痛くならず長時間快適、という靴はなかなか無いのです。倉知さん(ゲームデザイナーから靴デザイナーに転身!)のこだわりのお話を聞いて履いてみたくなって、翌日早速問い合わせたら送ってくださいました。履き心地の第一印象はかなり良いです。柏崎ステップのトークコンサートで履いてみたいと思います。

小林仁先生傘寿記念パーティ@カワイ表参道パウゼ - 2017.01.30 Mon

昨日は大学の恩師、小林仁先生の傘寿(80歳)記念パーティが、カワイ表参道パウゼでありました。今回は芸大門下生が中心の60人を超える会でした。(前回2013年喜寿記念パーティの様子はこちら→小林仁先生77thバースデイ

小林仁先生傘寿記念会 看板_convert_20170130102022
先生のソロは、品格の高い美しさ&新鮮な果実のようなフレッシュさが音に香り、心を打たれました。10月の洗足の演奏会の時にも感じましたが、益々研ぎすまされいく先生の感性はある境地に達していらっしゃるような…こんな風に自由に音楽を解放して弾ける日が自分に来るのだろうか、と思います。でももしかして続けていたら、その片鱗を感じることができるのかもしれない…師匠の背中は大きいです。できれば、私の生徒さん達にも聴かせたかった。こうやって音楽とは成るものであることを、先生の音楽から感じた幸せなひとときでした。

小林仁先生傘寿記念会2017・1・29
壮観な全員参加の写真!先生のルーツを引き継ぐ門下生です。世代を超えて先生の思い出話を伺えました。濃い鉛筆でクルンと丸印は、皆さん共通。先生のご自宅の最寄駅を降りるとお腹が痛くなる(最近やっと大丈夫になりました・笑)のも、私だけではなかったようです。

小林先生傘寿会プログラム_convert_20170130124320
「ディアベリごっちゃ煮」は、ディアベリのワルツの主題の変奏を30人の門下生&先生で弾く、という企画。ベートーヴェンだけでなく、ディアベリが依頼した50人の作曲家の中から抜粋(シューベルト、リスト、ツェルニー、ルドルフ大公、ウェーバーなどなど)、自作(私はこのカテゴリで参加)、そして小林先生がお弾きなったテーマと自作変奏、2台のピアノを交互に使っての大演奏になりました。スター揃いの先輩・後輩たちの演奏が聴けて贅沢。

小林仁先生傘寿会 ケーキ_convert_20170130101616
カワイ表参道の甘利様、小宮山様はじめ皆様にはお世話になりました。ご準備くださったケーキ。素敵です。先輩方が選んでくださった黄色(傘寿の記念色)のセーターも先生にプレゼントされました。

小林仁先生傘寿会 同期4人組
写っている方々から掲載OKが出たものを何枚か。同門同期4人で揃いました。ハンブルクからこの日のために帰国した野笛くんのおかげで奇跡の4ショット。聡子、野笛くん、希愛ちゃん、3人が優秀すぎてプレッシャーな学年でした。20年経て4人で写真が撮れて、すごく嬉しかった。ディアベリごっちゃ煮では短い時間ではありましたが、久しぶりにみんなの演奏が聴けてそれぞれの個性が味わえ、こちらも嬉しかったです。

小林先生傘寿コンサート 8手出番前
こんな感じで8手「マイスタージンガー」連弾。冬ちゃん、さお梨ちゃん、素子ちゃん、洗足で8手やった同じメンバーです。オープニングから和やかになるよう楽しくやろう、と傘寿・黄色のリボンを髪飾りにして演奏。なんと最後には先生にシンバルで入っていただくサプライズも計画。けっこう皆様にウケていただけたと思います。演奏は2回集まって、かなり真面目に合わせしました。合わせ・本番、共に楽しい時間でした。

小林仁先生傘寿会 8手連弾チームと
真面目な方の8手チーム写真も。今回も富士素子さん(右から2番目)が幹事で取り仕切ってくれました。これだけの会の出欠・会計・楽譜の手配・先生やカワイの方との連絡など、大変な作業を丁寧にやっていただいて感謝でした。

2次会へ出て、帰宅したのは日付が変わった時間でした〜。今日は1日お休み。この週末2日間でいただいたエネルギーを源に、明日からまた始動します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

高木早苗  Sanae Takagi

高木早苗 Sanae Takagi
都立芸術高校を経て、東京藝術大学卒業、ミュンヘン音楽大学大学院マイスタークラス修了。現在、都立総合芸術高校音楽科講師。これまでに鷹取淑子、小林仁、クラウス・シルデ、ミヒャエル・シェーファーの各氏に、またマスタークラス等にて、ハンス・ライグラフ、オレグ・マイセンベルク、アルヌルフ・フォン・アルニム、今峰由香の各氏に師事。チェンバロを坂由理氏、通奏低音奏法を芝崎久美子氏に師事。全日本学生音楽コンクール高校の部奨励賞、ピティナピアノコンペティションG級全国大会審査員特別賞、21世紀ピアノコンクール第1位、霧島国際音楽祭奨励賞。

ドイツ留学中、ミュンヘン・ピアノハウスラング主催のソロリサイタルをはじめ、室内楽やドイツ歌曲伴奏など各地でのコンサートに出演し研鑽を積む。日本へ帰国後、’02年~’07年は1人の作曲家の人生と曲で綴る「カフェクラシック」を中心にトークコンサートを全国各地で公演。丸ビル、女性と仕事の未来館、日本財団、ホンダウェルカムプラザ等のコンサートに出演。’03年王子ホール、’08年すみだトリフォニー小ホール(日本演奏連盟・山田康子奨励助成コンサート)、ドイツ・ラーベンスブルク、’10年王子ホール、’12年、’14年、'16年東京オペラシティリサイタルホールにてリサイタル。'15年「第17回新しい耳音楽祭(サロン・テッセラ)」にて、バッハを中心に調性とポリフォニーをテーマにしたリサイタルを行う。CDに「ピアノで奏でる日本の抒情歌」(DENON/コロムビア)、ヴァイオリニスト相川麻里子の伴奏を務めた「メロディ」(ALM RECORDS/コジマ録音)がある。

またNPO法人「カンボジアの子供の人権を守る会」が経営している孤児院「希望の家」(プノンペン)支援のチャリティーコンサートを毎年開いており、’08年にはカンボジアにて現地の人々を対象にした無料コンサートを開催。その他、新曲初演、室内楽、録音などの演奏活動、またピティナビアノコンペティション、日本クラシック音楽コンクール等の審査員を務めている。

参考サイト:
ピティナ演奏者紹介
YouTube Sanaetakagiklavier

Contact

名前:
メール:
件名:
本文:

★TACT Piano Master Class ★

予定:1/15、2/5、3/4、4/9、5/7、6/11 会場:スタジオ1619・西武線 新桜台駅徒歩1分 ☆クラス概要問い合わせ

出張レッスン

2017年5月13(土)、14日(日) 

倉吉(鳥取)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート

2017年5月28日(日)南城市文化センターシュガーホール(沖縄)

沖縄首里ステーション

生徒発表会

2017年6月3日(土)

ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン

2017年6月4日(日)

新桜台スタジオ1619(東京)

ピティナ千代田支部

生徒勉強会

2017年7月24日(月)

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2017年2月19日(日)柏崎市文化会館アルフォーレ大ホール(新潟)

かしわざきステーション

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会 終了

2017年1月28日(日)東京芸術劇場

オケ中・チェレスタ

レスピーギ「ローマの松」

生徒新春勉強会 終了

2017年1月6日(金)

松尾ホール

2016年審査実績

2/6・13日本バッハコンクール全国大会、8/4・5ピティナG級二次、10/10日本クラシック音楽コンクール本選、11/27ショパンコンクールinアジア東京予選、12/19日本クラシック音楽コンクール全国大会

ピティナステップ主催 終了

2016年12月26日(月)台東区ミレニアムホール(東京)

上野ポリフォニーステーション

リサイタル 終了

2016年11月18日(金)19時〜

東京オペラシティ・リサイタルホール(初台)

リサイタル2016詳細

演奏会「小林仁 ピアノの世界」 終了

2016年10月22日(土)17時〜

洗足学園音大シルバーマウンテン1 F

チャイコフスキー「交響曲第5番より第4楽章」(2台8手)他 詳細後日

希望の家チャリティーコンサートVol.9 終了

2016年9月17日(土)14時〜

Vn:相川麻里子

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

リングラツィオライブ 終了

2016年9月10日(土)19時30分〜

Vn:相川麻里子

リングラツィオ(東京・江古田)

生徒勉強会 終了

2016年7月28日(木)午後2時〜5時30分

日比谷・松尾ホール

2016年ピティナ課題曲アドヴァイスレッスン  終了

2016年6月19日(日)

【レッスン内容 】<A2級~A1級 >30分・8,000円<B級~F級>45分・9,000円<連弾全級>45分・10,000円<グランミューズ>45分・9,000円<G級/特級>要相談 ※受講者の先生がPTNA会員の場合は500円引きになります。 【メールでのお問い合わせ】ピティナ千代田支部 ptna-tact@tact-fd.com

出張レッスン 終了

2016年6月12日(日)高崎(群馬)

生徒勉強会 終了

2016年6月5日(日)午後6時〜9時

大泉学園・ゆめりあホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2016年5月28日(土)

保谷こもれびホール・メインホール(東京・西東京市)西東京地区ステップ詳細

西東京パサパステーション

出張レッスン 終了

2016年5月14日(土)15日(日)

鳥取(倉吉市)

ピティナ新曲二次・実演審査 終了

2016年4月21日(木)

群馬交響楽団定期演奏会 終了

2016年3月19、20日群馬音楽センター/すみだトリフォニーホール

メシアン:トゥーランガリラ交響曲

オケ中・ジュドタンブル

リングラツィオコンサート 終了

2016年1月30日(土)19時30分〜

ピアノライブ

江古田(東京)

紅茶の樹コンサート 終了

2016年1月17日(日)15時〜

相川麻里子ヴァイオリンコンサート

善行(神奈川)

生徒勉強会 終了

2016年1月4日(月)午後3時〜6時30分

日比谷・松尾ホール

ピティナ学校クラスコンサート 終了

2015年12月11日(金)

草加市立清門小学校

共演:藤崎美乃(Vn)

「新しい耳・秋の音楽祭」リサイタル 終了

2015年11月13日(金)午後7時〜

サロン・テッセラ(三軒茶屋)

詳細→新しい耳公式HP

生徒勉強会 終了

2015年10月27日(火)16時30分〜

日比谷・松尾ホール

希望の家チャリティーコンサートvol.8 終了

2015年9月19日(土)午後2時〜

いんば学舎・草深ホール(千葉・印西市)

チェレスタ 終了

2015年9月5日(土)

東京芸術劇場コンサートホール

東京佼成ウィンドオーケストラ定期演奏会

生徒録画会 終了

2015年8月14日(金)

国分寺市いずみホール

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2015年8月3日(月)詳細大泉学園ゆめりあホール(東京)

<トークコンサート>♪J.S.バッハ=コルトー:アリオーゾ♪J.S.バッハ=ジロティ:プレリュード♪J.S.バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む♪J.S.バッハ=松本あすか:インヴェンション

練馬光が丘ステーション

生徒勉強会 終了

2015年7月21日(火)10時〜12時30分

日比谷・松尾ホール

生徒勉強会 終了

2015年6月23日(火)16時~

日比谷・松尾ホール

出張レッスン 終了

2015年6月20日(土)

群馬県高崎市

生徒勉強会 終了

2015年5月30日(土)9時〜12時

大泉学園・ゆめりあホール

出張レッスン 終了

2015年5月16日(土)、17日(日)

鳥取県倉吉市

ピティナ新曲実演審査 終了

2015年4月27日(月)

東音ホール(巣鴨)

生徒勉強会 終了

2015年4月14日(火)日比谷・松尾ホール

ラ・セレクション面談 終了

2015年3月1日(日)午後4時30分〜

エークラスミュージック江古田センター

ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート 終了

2015年2月11日(水)柏崎市民会館アルフォーレ大ホール/かしわざきステーション

トークコンサートプログラム<今年にちなんだ3曲>♪バッハ=ペトリ:羊安らかに草を食む♪ショパン:革命のエチュード♪シベリウス:樅の木

ピティナステップ開催 終了

2015年1月11日(日)台東区ミレニアムホール※定員に達したため締切ました(11/25)。

上野ポリフォニーステーション

生徒勉強会 終了

2015年1月5日(月)13時〜18時 日比谷・松尾ホール

2015年審査実績

1/10日本モーツァルトコンクール予選、1/12日本バッハコンクール予選、3/15日本モーツァルトコンクール本選、3/29煥乎堂ピアノコンクール本選、6/13・14ピティナコンペティション特級一次予選、7/5ピティナコンペティションG級予選、8/6・7ピティナコンペティション西日本E級本選、8/22・23ピティナコンペティション全国大会グランミューズ部門、10/5日本クラシック音楽コンクール本選、11/23ブルグミュラーコンクール高崎予選、12/17日本クラシック音楽コンクール全国大会、12/23ブルグミュラーコンクール東京ファイナル

リンク@個人

(敬称略・アイウエオ順)

リンク@学校・団体

リンク@お気に入り

最新コメント

カテゴリ

レポート (54)
生徒 (24)
お知らせ (59)
レッスン (6)
ピティナ (65)
Tactレッスン (3)
リサイタル (18)
希望の家 (22)
古楽 (21)
オケ中の仕事 (8)
コンサート感想記 (44)
プライベート (44)
おすすめ (11)
ひとりごと (84)
今峰先生講座&レッスン (13)
本 (10)
食 (35)
美術 (2)
音楽 (3)
CD (2)
大震災 (12)
旅行 (9)
未分類 (25)
日々のこと (21)
卒業生 (11)